騒音の歴史

個数:

騒音の歴史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月19日 09時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 318p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784487808113
  • NDC分類 519.6
  • Cコード C0030

内容説明

騒音の発生源は増え続け、かつてないほど大きな問題になってきている。しかし騒音に関する対策本や技術書はあっても、「騒音」そのものに関する書籍はこれまでなかった。そもそも騒音とは何か?本書はそこからスタートする。本書では、音に関する科学技術の進歩と騒音問題との歴史的かかわりを活写し、やっかいな騒音問題をさまざまな視点から解説する。私たちにとっての騒音に関する知見や考察をまとめた世界初の書である。

目次

音とは何か
沈黙のビッグバン
古典的な騒音
新しい騒音
新しい音の科学
18世紀の騒音
機械の騒音
静けさを求めた最初の闘士たち
騒音の世紀
戦時下の音
平和な時間?
水中音響戦
新たなる始まり?
科学の力
新たな公害としての騒音
現代の騒音
明日は静かになるか?

著者等紹介

ゴールドスミス,マイク[ゴールドスミス,マイク] [Goldsmith,Mike]
英国のサイエンス・ライター。1987年Keele UniversityにてPhD取得、以後2007年まで国立物理学研究所(National Physical Laboratory)の音響グループにて勤務、グループ長を永年勤め、自動会話認識、人間の会話パターン、環境の騒音、マイクロフォンの研究に携わった。40を超える科学論文と技術報告を公刊。1999年より、児童から成人向けの30冊を超える科学書を執筆

泉流星[イズミリュウセイ]
子どもの頃から周囲との違和感に悩み、さまざまな社会的・精神的トラブルを経て、30代半ばに自閉症スペクトラム障害と診断される

府川由美恵[フカワユミエ]
明星大学教育通信部(教育学コース)卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

音に関する科学技術の進歩と騒音問題との歴史的かかわりを追究し,やっかいな騒音問題をさまざまな視点から解説する。

騒音の発生源は増え続け,かつてないほど大きな問題になってきている。
しかし騒音に関する対策本や技術書はあっても,「騒音」そのものに関する書籍はこれまでなかった。

そもそも騒音とは何か? 本書はそこからスタートする。

本書では,音に関する科学技術の進歩と騒音問題との歴史的かかわりを追究し,やっかいな騒音問題をさまざまな視点から解説する。
私たちにとっての騒音に関する知見や考察をまとめた世界初の書である。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件