密教経典・他

個数:

密教経典・他

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 225p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784487732869
  • NDC分類 183
  • Cコード C1015

内容説明

すべてを包容して生かす教え、『金光明経』『理趣経』『大日経』。護国の経典と真言密教の根本経典。

目次

第1章 正しい法で国を護る―『金光明経』
第2章 密教へのいとぐち
第3章 真言密教の奥義―『理趣経』
第4章 輝かしき実在―『大日経』
第5章 密教の衰退と伝播(インドで仏教が滅びたわけ;末期の仏教)
付録(真言密教の比較思想史的考察;諸仏の変容と明王の出現―真言密教の体系化)

著者等紹介

中村元[ナカムラハジメ]
1912年、島根県松江市に生まれる。東京帝国大学文学部印度哲学梵文学科卒業。東京大学名誉教授、東方学院院長、比較思想学会名誉会長、学士院会員などを歴任。文化勲章受章。1999年逝去
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

D

23
密教に関する経典の訳と解説。当初は神秘主義と距離を置いていた原始仏教が、インドの民間信仰などと結びついて生まれたの密教。ただそれは、仏教の堕落という側面も持っていた。その堕落する要素が中国、日本と伝わっていくにつれて淘汰され、別のものに変容していく。思想が伝播することで変容するというのはなかなか面白い。2015/01/06

Ind

0
全ては大日如来の現れであり、人間の欲も含めて元来神聖なものである、という考えがタントリズムに繋がって滅びたという過程が面白い。タントリズムはおぞましいと思うが、理屈は納得できるので堕落するからといって否定する論理が思い付かない。しかし人間の欲望の全てを肯定すると秩序が乱れて社会は自然に崩壊するというのが暗示的で良い。日本は特に八百万の神を崇めており、大日如来を受け入れやすかったのではないかと思う。また、全ての宗教は形が違うだけで同じ目標を持つという考えは納得でき、世界中で同様の考え方があったことに驚いた。2021/07/15

やしき

0
護国の経として重宝された金光明経、密教経典の理趣経、真言宗の根本経典の大日経を掲載。全体的に経典の訳が少なく、大日経に関しては訳はほぼなく、ほとんど解説で終わる。金光明経は仏典には珍しく、王としての振る舞い方を解いている。理趣経は従来仏教と違い、快楽を承認している。 ページの半分以上が、密教の歴史や論考に割かれていて、インドから仏教が消えていったことや密教独特の明王の出現について等を解説している。2019/12/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/695201

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。