• ポイントキャンペーン

子どもたちに「未来の学力」を

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 175p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784486032007
  • NDC分類 372.389
  • Cコード C0037

内容説明

フィンランドの教育改革は、ないないづくしで世界一の学力を実現した。一方、詰め込みとテストの繰り返しで築かれる日本の学力は、過去問だけに終始して考える力を奪い、挫折と絶望を強いている。このままでは日本の子どもたちを待ち受けるのは、グローバル化する国際社会の「落ちこぼれ」だ。フィンランドと日本の学力の決定的な違いとは何か。

目次

取り残される日本(OECD事務総長のメッセージ;学力は変化するもの ほか)
PISAショック(幕末に匹敵する岐路に立つ日本の教育;揺れ動いた日本の教育 ほか)
フィンランドを「世界一」にした教育(基幹産業の転換に成功;徹底した癒着の根絶 ほか)
競争を強いる教育が生んだもの(「旭川学力テスト裁判」判決文;テストと入試のためにだけする勉強 ほか)
日本の教育改革のために(政治家・行政・教師・保護者はどうあるべきか)(政治家による素人管理の弊害;行政は条件整備のプロであるべき ほか)

著者紹介

福田誠治[フクタセイジ]
1950年、岐阜県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。都留文科大学助教授を経て同大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)