望星ライブラリー<br> 子どもが「怖い」大人たちへ―子どもの精神疾患

個数:
  • ポイントキャンペーン

望星ライブラリー
子どもが「怖い」大人たちへ―子どもの精神疾患

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年12月18日 17時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 212p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784486031482
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C0036

内容説明

17歳の犯罪、不登校、学校崩壊、ひきこもり。子どもの心に「不安」を感じる親や教師たちに児童精神科医やカウンセラーからのアドバイス。「友だちと遊べない」「怒りっぽい」など、親の不安にQ&Aで回答。児童相談所や専門病院の「いま」をルポルタージュ。芹沢俊介+朝倉喬司+山崎晃資が語る「親たちの誤解」。都道府県別/児童精神科医のいる病院、児童相談所など関係機関一覧。

目次

子どもの心がみえにくい時代に―児童精神科医療の現状と課題
Q&A・症状からみる子どもの心の問題―最近、子どもの様子が不安…そんな親や教師の疑問に答える
ルポ・治療の現場から 保護者は、医師は、カウンセラーは、教師は、そのときどうしたか―子どもの心をケアする、さまざまな関係諸機関、専門家らの活動をレポート
図解・心の問題をどこで解決するのか―問題発見から治療まで、段階ごとの対処方法をチャートで解説
カウンセラーに聞く親のあり方Q&A―大人はまず、落ち着いて子どもたちをみつめること
座談会・子どもたちは「モンスター」じゃない―親の「誤解」を指摘し、「不安」と正面から向き合うことを提唱する