フィールドの生物学<br> 孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生

電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

フィールドの生物学
孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 318p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784486018483
  • NDC分類 486.4
  • Cコード C1345

内容説明

その者、群れると黒い悪魔と化し、破滅をもたらす。愛する者の暴走を止めるため、一人の男がアフリカに旅立った。

目次

第1章 運命との出逢い
第2章 黒き悪魔を生みだす血
第3章 代々伝わる悪魔の姿
第4章 悪魔を生みだす謎の泡
第5章 バッタde遺伝学
第6章 悪魔の卵
第7章 相変異の生態学
第8章 性モザイクバッタ
第9章 そしてフィールドへ…

著者等紹介

前野ウルド浩太郎[マエノウルドコウタロウ]
1980年生まれ。神戸大学大学院自然科学研究科博士課程修了、博士(農学)。サバクトビバッタの生態を明らかにすべく、サハラ砂漠にてフィールドワーク中。日本学術振興会海外特別研究員としてモーリタニア国立サバクトビバッタ研究所に赴任。2011年日本応用動物昆虫学会奨励賞受賞、井上科学振興財団奨励賞受賞。2012年山下太郎学術研究奨励賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件