琉球の蝶―ツマグロヒョウモンの北進と擬態の謎にせまる

個数:

琉球の蝶―ツマグロヒョウモンの北進と擬態の謎にせまる

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 105p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784486018360
  • NDC分類 486.8
  • Cコード C1045

内容説明

なぜ琉球の蝶ツマグロヒョウモンは北をめざしたのか?分布の北進と擬態の謎をめぐるサイエンスミステリー。

目次

第1章 地球温暖化と亜熱帯性生物の北進(地球温暖化;最近分布が北進した虫たち ほか)
第2章 ヒョウモンチョウとは?
第3章 擬態をめぐる議論(ベーツ氏擬態;ベーツ氏擬態の進化―琉球のシロオビアゲハ ほか)
第4章 愛知県のツマグロヒョウモン(名古屋市・日進市での生活史;ツマグロヒョウモンの愛知県への進出と普通種化 ほか)
第5章 ツマグロヒョウモンをめぐる大崎直太氏の見解と私の考え

著者等紹介

伊藤嘉昭[イトウヨシアキ]
理博。1930年東京に生まれる。1950年東京農林専門学校農学科卒業。現在、名古屋大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。