シャトレーゼは、なぜ「おいしくて安い」のか

個数:
電子版価格 ¥1,232
  • 電書あり

シャトレーゼは、なぜ「おいしくて安い」のか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月17日 13時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 216p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784484212289
  • NDC分類 588.3
  • Cコード C0034

出版社内容情報

山梨県に本社があるお菓子メーカー、シャトレーゼ。
多くの同業が不振にあえぐ中、国内600店舗以上、海外110店舗を展開し、10期連続売上増!
コロナ禍で巣ごもり需要が高まったこともあり、その人気には拍車がかかる。テレビや新聞等の取材も絶えることがない。
そんなシャトレーゼの人気の秘密は、素材の安全・確かさと、おいしさ。そして安さ。種類の豊富さ。

「広告は出さない」「ほかがやらないことにチャレンジ」「新規参入は厳しいところから」をモットーに、快進撃を続けるシャトレーゼ会長がはじめて語った、勝ち続ける秘訣とこれからの戦略。

内容説明

10期連続売上増!ほかがやらないことにチャレンジ。新規参入は厳しいところから。広告は出さない。勝ち続ける独自戦略。

目次

第1章 発想の原点(困ったときこそ知恵が出る;工場直売店という発想 ほか)
第2章 おいしさへのこだわり―素材が決め手の商品戦略(ファームファクトリー構想;契約農家との取引がもたらすもの ほか)
第3章 ブランド認知とファンベースの拡大(どこまでもお客様目線でありたい;ブランド認知力を上げる戦略的広報活動 ほか)
第4章 新業態「YATSUDOKI」と海外事業の展開(「YATSUDOKI」で都市部へ進出;シャトレーゼの海外戦略)
第5章 家業的企業経営の真髄(家業的企業経営を進める;グループ企業のプラットフォーム)

著者等紹介

齊藤寛[サイトウヒロシ]
株式会社シャトレーゼホールディングス、株式会社シャトレーゼ代表取締役会長。1934年、山梨県生まれ。1954年、20歳のときに焼き菓子店「甘太郎」を創業。5年後、有限会社甘太郎を設立し、代表取締役に就任。1964年に大和アイスを設立しアイスクリーム業界に参入。1967年、10円シュークリームを発売。同年、2社を統合し、株式会社シャトレーゼに社名変更。2008年、代表取締役会長に就任。2010年、シャトレーゼをはじめ、ワイナリー事業、リゾート事業、ゴルフ事業などを統括して株式会社シャトレーゼホールディングスに商号変更し、代表取締役社長に就任。新設分割会社、株式会社シャトレーゼを設立。2018年から代表取締役会長。株式会社シャトレーゼの代表取締役会長も兼任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Y2K☮

36
昨年読んだワークマンの本と重なる点があった。広告にカネを使わずファンのSNSを有効活用する点や安くていいものを作るための細やかな企業努力(実際ここのカステラはコンビニのそれとは食感が明らかに違う。値段は変わらないのに)。値上げが許される状況であっても据え置きしてお客さんに還元する矜持も一緒。あとクーポン否定論に大賛成。よく言ってくれた。仲介業者を入れないことで利益率を上げ、価格を下げ、迅速なサービス提供もできるという流れは実は書店業界にも来ている。いろいろ参考になった。シュークリームとアイスも美味しそう。2021/11/04

黒井

18
21-102】無添加やグルテンフリーに興味津々の最近なので読んでみた。実行に移す企業努力とは別に、様々な場面で発想の転換が功を奏しているのが興味深い。自分の仕事に落とし込める発想もあった立派なビジネス書。/こんなふうに代表取締役会長のお名前で出される本は最初から最後までご本人が語っているイメージがあるのだけど、本書は開発部に広報室に販売企画部まで様々な立場の方が登場してそれぞれの仕事を語られてるのが本文中にあるプレジデント制を書籍として形にした感じで面白かった。最前線だからこそ見える景色ってありますよね。2021/10/21

今庄和恵@神戸元町コネクトロン

14
シャトレーゼに行ったことがありません。だって徒歩圏内にないから。お持たせでいただくのが唯一の味わう機会。生家がぶどう農家であったがために元々はぶどう生産者を目指していたという、この要素は他メーカーと比較にならない独自性の根拠。湯水のように宣伝広告費を使えないが故の工夫がSNSでのバズりになったとか、安価な故の悲しみもあったりとか、いいものを安く消費者に届けるというシンプルな理念があればなんでも乗り越えられるのだなあ。章ごとに挿入されている現場の方のテキストが具体的かつ熱を感じさせられた。シャトレーゼ行きた2021/12/19

かめぴ

12
こんなにも。凄い執念、だが鬼気迫る感じはない。美味しくて安い商品だけでなく、ゴルフ場やリゾートにも手を広げてるなんて知らなかった。知らなかった事だらけ。生ワイン、飲みたい。2021/12/11

バニラ風味

12
会長が、なぜ家業のぶどう農家を継がずに、お菓子業界に関わることになったのか、から始まります。お客様に楽しんで食べてもらいたい、という姿勢と、そのための企業努力。こんなに書いちゃっていいんでしょうか。品質が安定しない安い卵ではなく、自社で卵農家から買い上げたり、よもぎ餅のよもぎは摘みに行く、などのこだわり。シャトレーゼが安いのではなく、他社が高いのだ。という言葉にも、説得力がありました。亀屋万年堂を助け、そして、かんぽの宿の一部も買い上げるシャトレーゼ。これからの飛躍も楽しみ。お菓子、買いに行きます。2021/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18456429

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。