行ってはいけない世界遺産―行ってガッカリしないためのリアルガイド

個数:
電子版価格 ¥1,144
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

行ってはいけない世界遺産―行ってガッカリしないためのリアルガイド

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年04月10日 12時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 141p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784484152141
  • NDC分類 519.8
  • Cコード C0026

内容説明

見どころ×コスパ。世界60か国以上の世界遺産を訪れた著者がぶった斬る!

目次

岩フェチでない人は行ってはいけない―グランドキャニオン(アメリカ)
空想好きな人しか行ってはいけない―ストーンヘンジ(イギリス)
野生のカメが見たい人は行ってはいけない―ガラパゴス諸島(エクアドル)
他人に左右されやすい人は行ってはいけない―オペラハウス(オーストラリア)
ご当地グルメに目がない人は行ってはいけない―モン・サン=ミシェル(フランス)
冬に行ってはいけない―泰山(中国)
熱海観光の後に行ってはいけない―アマルフィ海岸(イタリア)
時間がないときに行ってはいけない―ダンブッラの黄金寺院(スリランカ)
体調が悪いときに行ってはいけない―ナスカの地上絵(ペルー)
夏に行ってはいけない―アンコール(カンボジア)
鉄道の旅に憧れて行ってはいけない―キジ島の木造教会(ロシア)
動物とふれあいに行ってはいけない―コモド島(インドネシア)
古代を感じに行ってはいけない―マチュピチュ(ペルー)
見応えを求めて行ってはいけない―ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ(スペイン)
おしゃれなハイヒールで行ってはいけない―パリ・セーヌ河岸(フランス)
人の助けなしで行ってはいけない―テトゥアン旧市街(モロッコ)
あの絶景を目当てに行ってはいけない―パムッカレ(トルコ)
考古学者でなければ行ってはいけない―人類化石遺跡群(南アフリカ)
世界史・軍事マニアしか行ってはいけない―スオメンリンナ(フィンランド)

著者等紹介

花霞和彦[カスミカズヒコ]
「世界一」「冒険」「世界遺産」をテーマに世界各地を飛びまわって刺激を追い求める。現在までに訪れた国は60か国以上、世界遺産は185件。20代は文筆業を生業としていたが、起業。映画やテレビドラマ、アニメ、小説、漫画、J‐POP、ゲームといった多ジャンルのコンテンツ制作に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

150か所以上を訪れた著者による、行ってがっかりしないためのリアルガイド。「死ぬまでに行くべき世界遺産」もあわせて紹介。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件