Pen books
笑う食卓

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 596p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784484082202
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

人呼んで「原稿も書く遊び人」。自称「理科少年的主夫」&「深窓の貧乏人」。夫人は『プラダを着た悪魔』より怖い某女性誌編集長。同居人は猫のヒジカタクン―「なんとなく」を座右の銘とする週日晩飯当番タテイシくんの「生活と意見」。「pen」連載の食エッセイ8年分全188本完全収録。

目次

ペペロンチーノを手づかみで食べてみました。
今度からあれは、いっぺんに三つ注文するぞ。
痩せるのはカンタンだけど、太るのはむずかしい。
好き嫌いの原因は、洗面器だったかもしれない。
ハラが減っては、ほんとのうまさはわからない。
枝豆は、いつビールと出会ったのだろうか?
がぶがぶ飲んでいる水について考えた。
伸びきりケチャップ・スパは、作り方がむずかしい。
そばを粋にずずずっと啜って、窒息しない法。
無添加や純や生は、ほんとうにエライのかな。〔ほか〕

著者等紹介

立石敏雄[タテイシトシオ]
1947年東京生まれ。雑文製造業者。早稲田大学卒業後、絵本の出版社に入社するも挫折。「平凡パンチ」記者、PR映画などの仕事を経て、80年から88年まで「BRUTUS」誌に編集者として参加。88年秋から89年秋まで南スペイン、アンダルシアの山の上の町で暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

aki319

8
再読です。この厚さ、すべてが美味しそうなお話ばかり。一話が3ページなのでボリュームも程よく、話題も豊富。食前に読む本ではありません。読むなら食後じゃないと、食事をいっぱい食べてしまいます。2011/12/18

Christena

3
penという雑誌に連載された、食に関するエッセイ1999年から2007年まで。1話が3ページで読みやすいけど、途中でおなかいっぱいになり、興味のある話題だけ拾い読みしました。ネコのヒジカタクンが最高に良い味を出してました。2013/08/01

Stair512754

1
食に関するエッセイ 夫婦二人暮らしで奥さんがバリバリ仕事をこなしている故に 家で働くライターの旦那さんが毎日の食事を担当 思うがままに筆を取る・・・ 肩の凝らない文章で 美味しそうな料理を描くが・・・ 連載8年分(?)を一冊にしているため それぞれのエッセイは短くても とにかく分量が膨大すぎる 読んでも読んでも終わらない(涙) せめて3冊に分けてくれ 2012/04/22

河森

1
ゆっくり読むつもりが、ついポロポロと読み進めてしまった。コーンブレッドのレシピをメモした。2010/06/08

aki319

1
あ〜、読んでるとおなか空いてくる。こんなにもおなかが空くような文章あんまないよなぁ。もっと読みたい。2010/03/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/80853

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。