漢字かな交じりの書―古典から自詠の書へ

  • ポイントキャンペーン

漢字かな交じりの書―古典から自詠の書へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 238p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784483002478
  • NDC分類 728.07

内容説明

書道界の行き詰まり打破に挑戦!今、書道界は停滞している。本書は、現代の書に合った「書き言葉」「表現方法」を考察し、新たな時代の書の試作に挑む。

目次

1 理論編―漢字かな交じりの書について(書の分野;漢字かな交じりの書の定義;漢字の伝来とかなの表記のヒント;日本でのかな表記の嚆矢―漢字かな交じり文「第一期-誕生」;万葉集の登場―漢字仮名交じり文「第二期―成長」;かな表記の普及;漢字仮名交じり文の登場―漢字仮名交じり文「第三期」;変体がなの廃止―漢字かな交じり文「第四期」;漢字かな交じり書の可能性;漢字かな交じりの書を書く道具;漢字かな交じり書の短期上達法)
2 実技編1―蘭亭序を基本に(寸松庵色紙風いろは帖;関戸本古今集風いろは帖;會津八一風いろは帖;神龍半印本蘭亭序読み下し文―硬筆;神竜半印本蘭亭序読み下し文;帳金界奴本蘭亭序読み下し文)
3 実技編2―古筆の応用と自詠の書(寸松庵色紙の応用;関戸本古今集の応用;百人一首より―寸松庵色紙の応用;自詠の書)

著者紹介

横山淳一[ヨコヤマジュンイチ]
昭和18年高知市に生まれる。東京学芸大学書道科卒業。現在、早稲田大学、専修大学、昭和女子大学、高等学校数校、NHK学園などの講師。長流短歌会会員。著書に「条幅技法の研究」「ビデオで学ぶ条幅制作(全5巻)」「『書』の大疑問ハンドブック」