オリジン・ストーリー―138億年全史

個数:

オリジン・ストーリー―138億年全史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月23日 09時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 416p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784480858184
  • NDC分類 209
  • Cコード C0020

出版社内容情報

われわれはどこから来たのか――宇宙創成から生命誕生、さらには現代文明まで138億年の歴史を語り尽くすビッグヒストリーの到達点。ビル・ゲイツ氏絶賛。

内容説明

私たちはどこから来たのか、私たちは何者で、どこへ向かおうとしているのか―。有史以来繰り返されてきたこの問いに、われわれ現代人はどんな答えを導き出せるのか。それに真正面から挑むのが、著者デイヴィッド・クリスチャンが提唱する「ビッグヒストリー」だ。その醍醐味は何といっても、宇宙創成から、太陽系や地球の形成、生命の誕生・進化、ホモ・サピエンスの登場、そして現代文明までの138億年を一つの物語として描き出す圧倒的なスケールにある。天文学、物理学、地質学、生物学から考古学、人類学、歴史学、経済学まで、ありとあらゆる学問分野の最先端の成果を結集させたビッグヒストリー。われわれが語りうるもっとも壮大な歴史がここにある。

目次

第1部 宇宙(始まり―臨界1;恒星と銀河―臨界2と臨界3;分子と衛星―臨界4)
第2部 生物圏(生命―臨界5;小さな生命と生物圏;大きな生命と生物圏)
第3部 私たち(人間―臨界6;農耕―臨界7;農耕文明;現代世界の前夜;人新世―臨界8)
第4部 未来(すべてはどこへ向かおうとしているのか?)

著者等紹介

クリスチャン,デイヴィッド[クリスチャン,デイヴィッド] [Christian,David]
1946年アメリカ生まれ。歴史学者。マッコーリー大学教授および同大学ビッグヒストリー研究所所長。宇宙創成から現代までの歴史を一望する「ビッグヒストリー」を提唱し、一躍注目を集める

柴田裕之[シバタヤスシ]
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

79
人間の歴史を知ろうとすると宇宙のオリジンまで辿ることになる。科学的にそのストーリーがおぼろげに見えつつある。I部宇宙・138億2000万年前ビッグバンで原子より小さな点として始まり、10の36乗分の1秒以内にエネルギーが相転移を経験し、「重力」「電磁気力」「強い核力」「弱い核力」に分かれた。1秒以内に物質が出現したが、宇宙の全質量の7割を占めるダークエネルギーは未解明。数分以内に原子が生まれた。水素とヘリウムとダークマター。そして38万年後に宇宙が出来上がった。この物語は膨大な証拠で裏付けられているという2020/06/09

わたなべよしお

18
 ビッグヒストリー、前から興味はあったけれど、集大成となる一冊というので。個人的には原核生物あたりから、結構面白くなった。総合的学問として学校でも教えるべきだな。というのは総合的学問というより、基本的には人間ついて、またそのあり方について考え、未来をどう創っていくのかを思考する学問じゃないかと思うからだ。ただ、ビッグヒストリーで「我々はどこからきたのか、何者か、どこへ行くのか」に全面的に答えられると考えるのは違うのではないか。2021/03/27

風に吹かれて

16
私たちが棲む地球が浮かんでいる宇宙の誕生から物語は始まる。この宇宙はビッグ・バンで始まったのだが、ビッグ・バンしたものが持っていた今も拡大し続ける宇宙をつくるエネルギーは、前宇宙が終焉したときに収束したものかも知れない。また地球はプレートテクトニクスが二酸化炭素を地球の内部と地表を循環させ気温をある程度の範囲で均衡させているらしい。そう思うと地球温暖化問題は宇宙的地球的時間からすれば大きな問題ではなく、いつか大気の均衡は図られるのかも知れない(もちろん人類がどうなっているかは別のこと)。→2021/10/25

袖崎いたる

7
最近こういうの多くね? 一般書の棚で、教養本で売り出される内容ベビーなやつ。気のせい?とまれ、身勝手に読ませていただくのですが。内容は起源譚の重要性に覚醒したイチ人類が138億年の歴史をぐわーっと語って聞かせてくれるもの。比喩もわりと面白いからそこまで頭を抱えさせるってこともない、たぶん。読んでから、私は筒井康隆の『モナドの領域』を思った。オリジン・ストーリーは、どこかで人の世界へのやさしさに繋がるんだな、と。筒井の小説でゴッドがやさしげに人類の絶滅を語る場面があるんだけど、そんな類いのやさしさに浸れる。2020/01/25

ジコボー

5
その時代時代によりオリジン・ストーリーというのは出来るのだと思います。神話として語られている事も当時の社会ではオリジン・ストーリーだったのでしょう。 現代の科学から導き出した現代の神話が本書なのだと思います。 それぞれの時代における大きな変化を臨界点としてシャンパンタワーのようなイメージで紹介されているのがとても印象深かったです。 多岐にわたる知識見識はとても勉強になりました。最初は一つ学問だったものが枝分かれし、最終的にオリジン・ストーリーとして収束する様は、2045のシンギュラリティを彷彿とさせます。2019/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14615970

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。