レスビアンの歴史

個数:

レスビアンの歴史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月01日 06時43分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 393,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784480857330
  • NDC分類 367.9

内容説明

女は男に愛されなければ、経済的に支えられなければ、生きてはゆけないのだろうか―フェミニズムの登場以前に、その問いに真摯に立ち向かった女たちがいた。女を人生のパートナーに選んだ女たちである。19世紀末、「ロマンティックな友情」と呼ばれて称賛された女どうしの友情と愛は、性科学の隆盛とともに「変態」の烙印をおされ、“女らしくない”ふるまいはすべて「レスビアン」とみなされるようになる。そして60年代のゲイ解放運動の爆発、レスビアン・セックス論争…。19世紀末から90年代の現在に至る、アメリカ100年の女性愛の歴史。ピューリッツァー賞候補。ラムダブック賞受賞。

目次

第1章 女どうしの愛―20世紀の「ロマンティックな友情」
第2章 蕾に巣食う虫―初期の性科学者たちと女性愛
第3章 小粋なレスビアン―実験と抑圧の1920年代
第4章 荒地にオアシス―1930年代
第5章 裸のアマゾネスと変態娘たち―第二次世界大戦とその余波
第6章 口にするもはばかる愛―マッカーシズムとその遺産
第7章 ブッチ、フェム、カイカイ―1950~60年代におけるレスビアン・サブカルチャーの創造
第8章 ゲイ革命―1960~70年代
第9章 「レスビアン・ネーション」に向けて―1970年代の「女と一体化した女」
第10章 レスビアン・セックス論争―1980年代
第11章 バベルの塔からコミュニティへ―現在、そして未来