日本精神史―自然宗教の逆襲

個数:

日本精神史―自然宗教の逆襲

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年10月20日 23時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 312p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784480847461
  • NDC分類 162.1
  • Cコード C0095

内容説明

1945年の敗戦後、主体性をもたず権力や多数者にいとも簡単につき従う日本人の傾向をどう克服するか、が大きな課題として論じられた。だが、今もこの問題はなんら解決されていない。これほど根深く、空気のようにわれわれの精神を規定しているものは何なのか―それこそが、日本の「自然宗教」である。われわれの心性の背景をなす「自然宗教」とは、どのように生まれ、いかなる特徴をもつものか?なにゆえそれは、この国に「普遍的思想」が根づくことを阻害するのか?民俗学、歴史学、宗教史、思想史など幅広い知見を渉猟してその淵源を探り、克服へのかすかな道筋を問う。渾身の書き下ろし。

目次

第1章 無常観とニヒリズム―日本人の歴史意識
第2章 人間宣言―日本人と天皇
第3章 自然宗教―日本人の精神の基層になにがあるのか
第4章 「自然宗教」のはたらき―仏教と日本人
第5章 普遍宗教の誕生―平等な救済原理
第6章 普遍性の喪失―自然宗教の逆襲
第7章 普遍性の再生―日本人は変われるのか

著者紹介

阿満利麿[アマトシマロ]
1939年生まれ。京都大学教育学部卒業後、NHK入局。社会教養部チーフ・ディレクターをへて、明治学院大学国際学部教授。現在、明治学院大学名誉教授。専門は日本精神史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

権力や多数者に分別なくつき従うという国民的心性の根底には何があるか。日本人の原初的な神観念にまで立ち返り、歴史的由来を探る。

阿満 利麿[アマ トシマロ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件