大人のための国語ゼミ (増補版)

個数:

大人のための国語ゼミ (増補版)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月23日 21時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 317p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784480816801
  • NDC分類 816
  • Cコード C0010

出版社内容情報

論理トレーニングは国語に行き着いた――好評『国語ゼミ』の内容はそのままに新原稿を収録。基礎の基礎から応用、質問や反論の力へ。論理トレーニングは国語に行き着いた!――好評『国語ゼミ』が、内容はそのままに新たな原稿を加えパワーアップした。言葉の力をあなたの味方に変える実践の書。

野矢 茂樹[ノヤ シゲキ]
著・文・その他

内容説明

もう国語の授業から離れてしまった人のために、つまり子どもたちのためではなく大人たちのために、国語の授業をしよう。あらゆる世代から支持を受けて大反響!エッセイと対談を収録し、さらに磨き上げた増補版。

目次

1 相手のことを考える
2 事実なのか考えなのか
3 言いたいことを整理する
4 きちんとつなげる
5 文章の幹を捉える
6 そう主張する根拠は何か
7 的確な質問をする
8 反論する
付録

著者等紹介

野矢茂樹[ノヤシゲキ]
1954年(昭和29年)東京都に生まれる。85年東京大学大学院博士課程修了。東京大学大学院教授を経て、立正大学文学部哲学科教授。専攻は哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おおにし

15
「論理トレーニング」と比べると例題も簡単で読みやすかった。高校生の現国の教科書に使われるべき内容だと思う。「的確な質問をする」の章での質問を作るレッスンは的確な質問が苦手な私には特に有益であった。私は筑摩書房から出版された増補版の方を購入したが、山川出版社から先に出た初回版国語ゼミも販売されているので注意が必要。2020/10/17

伊野

5
本書に書かれていることのほとんどは頭では理解していることである。そのため、随所に用意された設問も容易に解けると思いきや、これがなかなか難しい。このことは、著者は基本に立ち返ることの重要性を説いており、その基本をアウトプットするためには訓練が必要ということを示している。大切なのは、多様性を尊重しつつ、相手に寄り添うこと。2021/01/25

みゃお

5
以前人から勧められていた1冊。 とっちらかった頭の中を整理するのによいテキスト。 できれば、ゆっくりじっくり取り組んでみたい。 ”伝える。読み取る。語り合う。分かり合う。そのために相手の子を考える。これすなわち『愛』” 至言である。2020/11/04

袖崎いたる

5
大人は人と人は分かり合えないということをどこかで分かってしまう。たとえば職場で、変な性格の人がいれば「あの人はそういう人だから」と納得する。これは分かったつもりになって、分かろうとすることを回避している。しかし、処世術とはそういったことを弁えることでもある。そして、弁えた人物こそが大人と言われる。以上の如き大人に対して、この本では国語力を再学習させることで他者を分かること、および他者への関心を起こすための愛を取り戻させようと企てる。インストールし損ねたものの、再・インストールというわけだね。2020/08/27

りゅ

4
相手に何かを伝える言葉について、相手の言葉を分かろうとすることについて、関心があって読んでみた本。まさにそういうことを考える助けになった。演習を通して、使う言葉について意識できるように導かれる。隠れた前提を見つけること、本筋の質問、反証(自分にも向けたること)といったことは磨きたい。「達意の文章」を目指す目的と方針が明るくなり、仕事での文章を書くことが心持ち楽になって助かる。2021/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13131674

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。