• ポイントキャンペーン

専門馬鹿と馬鹿専門―つむじ先生の教育論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784480816436
  • NDC分類 914.6

内容説明

専門馬鹿は、専門から外れると、まったく生活能力がない。専門馬鹿を大量に輩出させた責任者である文部科学省は、それを見て危機感を覚え、これからは《生きる力》を身につけさせるなどといいだした。いいだしたはいいが、そのノウハウを見つけられないものだから、また専門馬鹿路線に逆戻りしようとしている。つむじ曲がりで精神科医の著者は、かれらの代わりに、こうした世の中を、どのように治療したらいいか、ずっと考え続けてきた。そして、そのための処方が馬鹿をふやすことだと考えた。不安が渦巻く世の中。何をどう考えたらよいのか。大事なことに気づかせてくれるユニークな教育論。

目次

まえがき 馬鹿のすすめ
第1部 待つということ(専門馬鹿と馬鹿専門;太鼓は腹で聴く ほか)
第2部 想像するということ(国旗よりも大切なもの;私たちの忘れてしまったこと ほか)
第3部 考えるということ(現代の戦争に勝者はいない;誤訳が国を動かすこともある ほか)

著者紹介

なだいなだ[ナダイナダ]
1929年、慶応義塾大学医学部卒業。精神科医・作家