• ポイントキャンペーン

星の音が聴こえますか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 182p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784480816283
  • NDC分類 916

内容説明

10代での失聴、手話との出会い、「聞こえない母親」としての育児。今、ユニバーサルデザイン界で活躍中の著者が瑞々しく綴る、感動のエッセイ集。

目次

1 音が、消えた
2 手話の世界(未知の世界へ;麩菓子の効用 ほか)
3 コミュニケーションさまざま(情報障害と言われるわけ;一字が万事 ほか)
4 聞こえない母親(始まりはトイレのドア下隙間五センチから;重大発表 ほか)
5 ユニバーサルデザイン(香りの記憶;香りの学校 ほか)

著者紹介

松森果林[マツモリカリン]
1975年生まれ。旧姓倉嶋。小学4年から高校時代にかけて聴力を失う。筑波技術短期大学デザイン学科卒業。卒業後は(株)オリエンタルランド等に勤務。1999年、出産を機に同社を退職。以後は執筆活動のほか、神奈川工科大学非常勤講師、(株)ピクセンの商品企画顧問として香りを使ったユニバーサルデザインの開発に取り組むなど、主に聴覚障害者の立場から、コンサルタント業を中心に多彩な活躍をしている