小田実の世直し大学

  • ポイントキャンペーン

小田実の世直し大学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784480816191
  • NDC分類 377.1

内容説明

つねに編著者の念頭にあることは、リベラリズムにはそれ相当の責任倫理が伴うべきものだということである。教育や研究の現場に在って、世上おこなわれている大学論にある距離を感じつつ、しかし、編著者が追求してきたものがけっして時代遅れでも認識不足でもなく、まさに現場をふまえた議論であることを確信しているがゆえに、あえてリベラリズムの重要性を揚言したいのである。本書は、現代の思想状況に市民的日常をふまえつつ迫ろうと意図したものである。

目次

第1部 小田実と語る―大学は世直しの拠点となりうるか(大学とは何か;「市民的共生」と大学;いかに「世直し」の拠点をつくるか)
第2部 小田実講義録 われわれはいま何をなすべきか―職能人・消費人・市民(ホテルの風景から;「職能人」・「消費人」・「市民」;阪神・淡路大震災と「市民」の論理;「市民」の経済と日本資本主義;何をなすべきか)

著者紹介

小田実[オダマコト]
1932年、大阪生まれ。作家。東京大学文学部言語学科卒業。東京大学大学院西洋古典学科在学中にフルブライト奨学金でハーバード大学に留学

飯田裕康[イイダヒロヤス]
1937年生まれ。現在、慶応義塾大学経済学部教授。経済学史・金融論専攻

高草木光一[タカクサギコウイチ]
1956年生まれ。現在、慶応義塾大学経済学部教授。社会思想史専攻