主体の解釈学―コレージュ・ド・フランス講義1981‐1982年度

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 626,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784480790514
  • NDC分類 135.5

内容説明

西欧の歴史の中で、「主体」が、いかに変形をこうむって来たか―プラトンを端緒として、ストア派の哲学者やキリスト教の教父たちの思想を中心に「自己への配慮」の系譜を追究し、「真理」および「ロゴス」の問題そのものをも問う。フーコーの思想展開を考える上で決定的に重要な講義。

目次

一九八二年一月六日の講義 第一時限
一九八二年一月六日の講義 第二時限
一九八二年一月十三日の講義 第一時限
一九八二年一月十三日の講義 第二時限
一九八二年一月二十日の講義 第一時限
一九八二年一月二十日の講義 第二時限
一九八二年一月二十七日の講義 第一時限
一九八二年一月二十七日の講義 第二時限
一九八二年二月三日の講義 第一時限
一九八二年二月三日の講義 第二時限〔ほか〕

著者紹介

広瀬浩司[ヒロセコウジ]
1963年東京に生まれる。東京大学教養学部教養学科卒業。同大学大学院総合文化研究科博士課程中退。パリ第一大学博士号(哲学)。現在筑波大学現代語・現代文化学系助教授

原和之[ハラカズユキ]
1967年出雲に生まれる。東京大学教養学部教養学科卒業。同大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。パリ第四大学にて博士号を取得(哲学史)。現在、電気通信大学助教授