生政治の誕生―コレージュ・ド・フランス講義 一九七八‐七九年度

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 414,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784480790484
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C1310

出版社内容情報

新たな統治術としての自由主義の問題を具体的現在に焦点を定めて説く白熱の講義

西欧における統治テクノロジーの歴史的変化を、政治経済学の登場からドイツおよびアメリカの新自由主義に至るまで、現代史の領域にも大きく踏み込んで分析する。

健康・衛生・出生率・寿命・人種などにより政治実践に対して提起される諸問題の合理化を試みる“生政治”を考察するために―ドイツ的形態の新自由主義およびアメリカ新自由主義を実証的に展望し、“ホモ・エコノミクス”の出現へと遡って市民社会を独自に分析する。現代史にフーコーが大きく踏み込んだ稀有な講義。“社会科学のアルケオロジー”の到達点。

内容説明

健康・衛生・出生率・寿命・人種などにより政治実践に対して提起される諸問題の合理化を試みる“生政治”を考察するために―ドイツ的形態の新自由主義およびアメリカ新自由主義を実証的に展望し、“ホモ・エコノミクス”の出現へと遡って市民社会を独自に分析する。現代史にフーコーが大きく踏み込んだ稀有な講義。“社会科学のアルケオロジー”の到達点。

目次

方法の問題
普遍概念は存在しないと想定すること
前年度講義の要約。国家理性にもとづく統治の制限された目標(外交政策)と、内政国家の無制限の目標(国内行政)
国家理性の外的制限の原理としての法権利
本年度の講義の展望。統治理性の内的制限の原理としての政治経済学
この研究全体に賭けられているもの。一連の実践と真理の体制との連結、そしてそうした連結による現実への組み入れの諸効果
自由主義とは何か
自由主義と十八世紀における新たな統治術の活用
自由主義的統治術の種別的特徴。(1)もはや単に法陳述の領域としてではなく真理形成の場所として市場が構成されるということ
方法の問題。狂気、刑罰制度、セクシュアリティをめぐって企図された探求に賭けられていたもの。「真理陳述の体制」の歴史の素描〔ほか〕

著者等紹介

慎改康之[シンカイヤスユキ]
現在、明治学院大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hakootoko

6
占領下のドイツにおける、経済による主権の回復という話からオルドリベラリズムの話と単に儲けたいイギリス人が集まって建国したアメリカにおけるアナルコキャピタリズムの話。経済学の登場に伴って統治対象となる社会という概念が出現した。いろいろ言っていますが、経済、社会をめぐり、統治をしすぎないかやっぱり統治すべきかが18世紀後半以来の政治だった。(いまもだね。たぶん)2020/09/14

七忍ミイラ

4
人々を事細やかに配慮する国家理性の過剰な統治に対する批判として登場した、それとは別種の統治性である自由主義。統治の自己制限の原理である政治経済学は、国家理性の内部から登場しながらも、やがて自由主義の知として機能し始める。自由を生産するという形での統治の最小化が目指される。このような試みは、市民社会という統治性の相関物の発明品を根拠に行われることになる。こうした素描とともに、フーコーは同時代に触れる。米アナルコ自由主義と独オルド自由主義である。異なる点もあるが、いずれも市場への介入を批判する統治性である。2021/03/10

NO MORE MR.NICE GUY

3
自分にとっての要点。⑴様々なタイプの統治術、統治の合理性が、重なり合っている。そして「政治はここに生まれる」。⑵ホモ・エコノミクス。言ってよければ新自由主義における主体。利害関係の主体。⑶新自由主義の起源。オルド自由主義。戦後ドイツという法のない場所に現れた単なる制度。その制度は有効であるために、正統性を持ち始め、その上に法や国家が組み立てられる。「経済が公法を作り出す」。⑷方法論の問題。国家や法は始めから存在しているわけではない。2014/07/18

Kei Matsu

0
難しかった。アダム・スミス「神の見えざる手」の評価の箇所を再読予定2013/01/01

madofrapunzel

0
★★★★★ 感想については、他の方々のも多く紹介されてるので割愛。2012/04/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/55798

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。