ちくまプリマー新書<br> 弱虫でいいんだよ

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

ちくまプリマー新書
弱虫でいいんだよ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月21日 11時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480689504
  • NDC分類 159.7
  • Cコード C0295

内容説明

「強い」のは良いこと、「弱い」のは悪いこと、とされているけれど、本当だろうか?生物に優劣がつけられないように、強弱も絶対ではないことを心に留めて、「弱さ」について考えてみよう。

目次

第1章 「弱さ」とは何か?(生きものにとっての「強さ」とは;「弱肉強食」を超えて;オンリーワンの場所)
第2章 動物たちに学ぶ(ナマケモノから学ぶこと;この世界はだれのもの?;人間の方が「上」なのか?)
第3章 野生との和解に向けて(「人間が上」が当たりまえか;自然界へと通じる道)
第4章 「弱さ」が輝き始めるとき(自然は人間に何を求めているのか?;「民主主義」を定義し直す;「進化」を定義し直す;生物に優劣はつけられない;勝ち負けなし!)
第5章 弱虫でいいんだよ(人は愛なしには生きられない;ちょうどいい小ささ・ちょうどいい遅さ;競争を超えて;「フェア」な世界へ!)

著者等紹介

辻信一[ツジシンイチ]
文化人類学者。環境活動家。明治学院大学国際学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

弱いよりも強い方がいいのだろうか?今の社会の価値基準が絶対ではないとしたら……。動植物の性質や古代文化から強さの陰に隠れている弱さの価値に光を当てる!