ちくまプリマー新書<br> 科学は未来をひらく―中学生からの大学講義〈3〉

個数:

ちくまプリマー新書
科学は未来をひらく―中学生からの大学講義〈3〉

  • 提携先に7冊在庫がございます(2017年10月21日 08時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 233p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480689337
  • NDC分類 404
  • Cコード C0240

内容説明

宇宙ってなんだろう?生き物や人間はどうして生きているんだろう?自然とは?自分とは?科学は長い時間をかけて、それらの疑問を考え続けている。第一線で活躍する著者たちが、科学の奥深い世界に誘う。

目次

科学の二つの顔(村上陽一郎)
私のなかにある38億年の歴史―生命論的世界観で考える(中村桂子)
宇宙はどのように生まれたか―現代物理学が迫るその誕生の謎(佐藤勝彦)
宇宙から観る熱帯の雨―衛星観測のひもとくもの(高藪縁)
社会の役に立つ数理科学(西成活裕)
ヒトはなぜヒトになったか(長谷川眞理子)
「共生の意味論」きれい社会の落とし穴―アトピーからガンまで(藤田紘一郎)
生命を考えるキーワード それは“動的平衡”(福岡伸一)

出版社内容情報

宇宙はいつ始まったのか? 生き物はどうして生きているのか? 科学は長い間、多くの疑問に挑み続けている。第一線で活躍する著者たちが広くて深い世界に誘う。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件