ちくまプリマー新書<br> 漢字の歴史―古くて新しい文字の話

個数:

ちくまプリマー新書
漢字の歴史―古くて新しい文字の話

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年01月20日 02時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 201p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480689221
  • NDC分類 811.2
  • Cコード C0280

内容説明

そもそもは中国語を表す文字だった漢字。その漢字と日本語という本来は異質なものがどう融合してきたのだろうか。試行錯誤の歴史を解き明かす。

目次

第1章 文字とはなんだろう(そもそも文字とは;文字の造られ方 ほか)
第2章 漢字とはなんだろう(漢字の起源;漢字とはなんだろう ほか)
第3章 国境を越える漢字(漢字、国境を越える;日本にやってきた漢字 ほか)
第4章 日本語に入った漢字(漢字音とは;万葉仮名 ほか)
第5章 文字資料で見てみよう(文字資料の残され方・失われ方;日本に残っている文字の資料)

著者等紹介

笹原宏之[ササハラヒロユキ]
1965年東京都生まれ。早稲田大学社会科学総合学術院教授。経済産業省の「JIS漢字」、法務省法制審議会の「人名用漢字」、文部科学省・文化庁文化審議会国語分科会の「常用漢字」などの制定・改正に携わる。『国字の位相と展開』(三省堂)により第35回金田一京助博士記念賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

3000年前中国で誕生した漢字。その数20万字と言われる。時々の人間の営為を反映し表出し試行錯誤しながら、今なお変わり続ける漢字の歴史を解き明かす。