ちくまプリマー新書<br> リスク心理学―危機対応から心の本質を理解する

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

ちくまプリマー新書
リスク心理学―危機対応から心の本質を理解する

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月17日 16時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 192p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480684042
  • NDC分類 141.5
  • Cコード C0211

出版社内容情報

人間には危機に対応する心のしくみが備わっている。しかし、そのしくみには一癖あるらしい。感情と合理性の衝突、リスク評価の基準など、最新の研究成果を紹介。

内容説明

人間には危機に対応する心のしくみが備わっている。しかし、そのしくみにはどうやら一癖あるらしい。感情と合理性の衝突、リスク評価の基準など、さまざまな事例を元に最新の研究成果を紹介。

目次

第1章 リスクと心理学
第2章 判断を決める「二つのシステム」
第3章 「恐ろしさ」と「未知」
第4章 直感のしくみ―ヒューリスティクス
第5章 人それぞれの不安
第6章 リスクに向き合う社会

著者等紹介

中谷内一也[ナカヤチカズヤ]
1962年生まれ。同志社大学卒業。同大学院の心理学専攻を単位取得退学。現在、同志社大学心理学部教授。人が自然災害や科学技術のリスクとどう向き合うのかというリスク認知研究、および、リスク管理組織に対する信頼の研究を進めている。2013年Risk Analysis誌の最優秀論文賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あんどうれおん

3
リスクと呼ばれる概念にまつわる色々な事象が平易な表現で言語化された一冊。"Primer(入門書)新書"の名にふさわしい、表題の分野で最初の一歩を踏み出すときの手助けに適した本だと感じました。他方、あまり笑えない冗談の点在など、校正の機能不全をうかがわせる本でもあります。記述の体裁そのものに一定のリスクがひそむ稀有な資料と言えましょう。2021/09/12

lllともろー

3
リスク認識の過程に潜む落とし穴。理性と感情。分かってはいても改善は難しい。でも認識の癖を知ることが大切。2021/07/21

takucyan1103

2
【OS図書館 ★★★★】▽リスク=不確実性×深刻度▽理性は感情の奴隷▽特定可能な犠牲者効果▽受容されるリスクの大きさはベネフィットの三乗に比例する▽自発的ハザードは高リスクでも受け入れる▽認知の二因子モデル:恐ろしさ因子と未知性因子▽ヒューリスティック(簡便な判断方法):利用可能性、アンカリング、“天然の方が良い”、感情▽女性はリスクを高く受けとめる▽加齢のパラドックス:リスクを高く評価する⇔主観的幸福感は高まる2021/09/19

2
なんとなく、世の中は科学やデータよりも感情を優先させているなあと思っていた中で、やっぱりそういうもんなんだなあと改めて再確認。場当たり的な感情に支配されてより手段を取らない話を聞くと萎える気持ちになる反面、しかしながら感情を全て否定するのもまたリスクである。なんともこう、やはり情報化社会は直感と冷静さを持っていなければ難しい世界ということでしょう。2021/09/14

アルミの鉄鍋

1
★3 大人が読んでもホーっと感心出来る内容だった。短期のリスクと長期のリスク。人間は短期のリスクに目を向けがちだけど本来は長期のリスクに目を向けながら短期のリスクへアプローチが必要。それを踏まえて政策を考えないとコロナ対策があんまり意味なしてないと、この本は訴えかけてるんではなかろうかと思った。2021/08/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18135768

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。