ちくま学芸文庫<br> フーコー文学講義―大いなる異邦のもの

個数:

ちくま学芸文庫
フーコー文学講義―大いなる異邦のもの

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2024年05月20日 15時00分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480510792
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0110

出版社内容情報

シェイクスピア、サド、アルトー、レリス……。フーコーが文学と取り結んでいた複雑で、批判的で、戦略的な関係とは何か。未発表の記録、本邦初訳。

===
フーコーが文学を通してとらわれていた問題。それは、われわれをこのようにあらしめている歴史的規定から身を引き離し、いかにして他なる空間を創るかにあった。〈主体と真理〉という生涯の問題系に密接な関わりを持つものとして彼の文学論は展開された。狂気と言語、文学の考古学、欲望と真理をテーマに、シェイクスピア、セルバンテス、ディドロ、アルトー、レリスらが呼び出され、サドをめぐり議論はひとつの頂点に達する。1960-70年代に行われた諸講演の記録を詳細な訳注と解題を付して邦訳。
===

自己の再構成に向かって
未発表の記録から浮き上がる思考の射程。 
サドをめぐり、議論はひとつの頂点に達する。
本邦初訳
===

【目次】
解題(フィリップ・アルティエール、ジャン=フランソワ・ベール、マチュー・ポット=ボヌヴィル、ジュディット・ルヴェル)   
緒言  
  
狂気の言語  
編者の注  
狂人たちの沈黙  
狂える言語  
  
文学と言語  
編者の注  
第一回講演  
第二回講演

サドに関する講演  
編者の注  
第一回講演  
第二回講演  
  
文学に関するミシェル・フーコーの研究業績と発言  
ミシェル・フーコー略年譜  
注  
訳者解題

内容説明

フーコーが文学を通してとらわれていた問題。それは、われわれをこのようにあらしめている歴史的規定から身を引き離し、いかにして他なる空間を創るかにあった。“主体と真理”という生涯の問題系に密接な関わりを持つものとして彼の文学論は展開された。狂気と言語、文学の考古学、欲望と真理をテーマに、シェイクスピア、セルバンテス、ディドロ、アルトー、レリスらが呼び出され、サドをめぐり議論はひとつの頂点に達する。1960‐70年代に行われた諸講演の記録を詳細な訳注と解題を付して邦訳。

目次

狂気の言語(編者の注;狂人たちの沈黙;狂える言語)
文学と言語(編者の注;第一回講演;第二回講演)
サドに関する講演(編者の注;第一回講演;第二回講演)

著者等紹介

フーコー,ミシェル[フーコー,ミシェル] [Foucault,Michel]
1926年フランス・ポワティエ生まれ。高等師範学校で哲学を専攻、ヨーロッパ各国の病院・研究所で精神医学を研究する。1970年よりコレージュ・ド・フランス教授。1984年没

柵瀬宏平[サクライコウヘイ]
1983年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。白鴎大学講師。専門は、哲学・倫理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

2
解題   緒言   狂気の言語   編者の注   狂人たちの沈黙   狂える言語   文学と言語   サドに関する講演       文学に関するミシェル・フーコーの研究業績と発言   ミシェル・フーコー略年譜   フーコー文学論の射程 主体の真理をめぐる経験=実験の場としての文学 「狂気の歴史」における文学 言語の神秘主義者と言語における狂気 文学の考古学 文芸批評と構造的な神秘主義 20世紀フランス思想におけるフーコーとサド サドのエクリチュールにおける欲望と真理 サドの言説システム2021/11/05

stray sheep

0
めちゃくちゃ面白かった、というより60年代のフーコーならまだ門外漢でも内容を理解する余地が大いにある2023/10/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18598202
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。