ちくま学芸文庫<br> キリスト教の幼年期

個数:

ちくま学芸文庫
キリスト教の幼年期

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月01日 07時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480510440
  • NDC分類 192
  • Cコード C0116

出版社内容情報

キリスト教史の最初の一世紀は、幾つもの転回点を持つ不安定な時代であった。この宗教が自らの独自性を発見した様子を歴史の中で鮮やかに描く。

===
キリスト教は、イエスやパウロによって現在の形が定められたわけではない。この宗教の最初の一世紀には、世界宗教となった後世から振り返った際に想像されがちな一枚岩で安定した教会組織も存在していなかった。さらに言えば、イエスの活動とその死の後でも多くの点でユダヤ教の枠内にとどまっていた。しかし、いくつかの決定的な転回があり、キリスト教は自分たちの独自性を発見していくこととなった。どのような出来事、どのような思索が、キリスト教を新しい自律した宗教へと歩ませることになったのか。厳密な資料読解を通して描く。
===

【目次】
1 キリスト紀元初めの頃のユダヤ教
2 洗礼者ヨハネとナザレのイエス
3 エルサレムの初期教会  
4「ヘレニスト」の再活性化  
5 パウロの最初の活動  
6 前方への逃避  
7 教会のリーダーとしてのパウロ  
8 神学者および殉教者としてのパウロ  
9 六〇年代の重大危機  
10 キリスト教の反撃  
11 パウロの後継者たちの目覚め  
12 大人として成熟したキリスト教に向けて  
13 強化とヘレニズム化  
結論

内容説明

キリスト教は、イエスやパウロによって現在の形が定められたわけではない。この宗教の最初の一世紀には、世界宗教となった後世から振り返った際に想像されがちな一枚岩で安定した教会組織も存在していなかった。さらに言えば、イエスの活動とその死の後でも多くの点でユダヤ教の枠内にとどまっていた。しかし、いくつかの決定的な転回があり、キリスト教は自分たちの独自性を発見していくこととなった。どのような出来事、どのような思索が、キリスト教を新しい自律した宗教へと歩ませることになったのか。厳密な資料読解を通して描く。

目次

キリスト紀元初めの頃のユダヤ教
洗礼者ヨハネとナザレのイエス
エルサレムの初期教会
「ヘレニスト」の再活性化
パウロの最初の活動
前方への逃避
教会のリーダーとしてのパウロ
神学者および殉教者としてのパウロ
六〇年代の重大危機
キリスト教の反撃
パウロの後継者たちの目覚め
大人として成熟したキリスト教に向けて
強化とヘレニズム化

著者等紹介

トロクメ,エチエンヌ[トロクメ,エチエンヌ] [Trocm´e,´Etienne]
1924‐2002年。新約聖書学の研究者。ストラスブール大学プロテスタント神学部教授として教鞭を執った

加藤隆[カトウタカシ]
1957年生まれ。ストラスブール大学プロテスタント神学部博士課程修了。神学博士。千葉大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

松本直哉

25
犠牲の子羊のように侮られ見捨てられる神のしもべを物語る第二イザヤ(53章)とイエス・キリストを結びつけているのは新約聖書の中でただ一か所、使徒行伝のヘレニスト、フィリポをめぐる文章なのだという。このようなみじめなメシア像はユダヤ教会には受け入れがたく、彼らとの融和を図りつつ生き延びる道を探っていた初期キリスト教会も同様だった。ユダヤ教会を真っ向から批判して石打ちにされたステファノらヘレニストたちだけが、見捨てられたメシアというこの特異な思想によって世界宗教への道を開いたという指摘には説得力があった。2021/12/27

Sora

13
キリスト教はナザレのイエスの運動から始まり、ユダヤ教ナザレ派からキリスト教へと発展していきましたが、その流れが詳しく書かれています。キリスト教の発展にはパウロだけでなく、エルサレムの教会やそのグループの教会、ヨハネ共同体だけでなく、ユダヤ教のファリサイ派や洗礼者ヨハネのグループ、ローマ帝国の方針なども影響していたという話も興味深いです。2021/11/07

みのくま

7
ハドリアヌス帝によるエルサレムの徹底的な破壊は、ユダヤ教に多様性を失わせた。ユダヤ教は生き残る為にファリサイ派をオーソドキシーとして、各分派を切り捨てる。その際にキリスト教はユダヤ教から独立したのである。しかし重要な点は、それまでのユダヤ教分派としての伏線を回収する事で独立できたという事である。しかもそれは弟ヤコブやペテロのエルサレム教会での活動が実を結んだわけではなく、彼らからも異端だとされていたパウロらのマージナルな活動がキリスト教独立の鍵となっているのだ。最底辺から中心へ、歴史はダイナミックである。2021/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18266519

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。