ちくま文庫<br> 新編 おんなの戦後史

個数:

ちくま文庫
新編 おんなの戦後史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月26日 22時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 377p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480437761
  • NDC分類 367.21
  • Cコード C0121

出版社内容情報

フェミニズムの必読書! 女性史先駆者の代表作。古代から現代までの女性の地位の変遷を、底辺の視点から描く。河原千春=編。解説 斎藤真理子。

内容説明

フェミニズムを知るために必読。女性史研究先駆者の代表作を新編集。底辺の視点からの女性民衆史。「おんなの戦後史」の項では戦時中に女性たちが進んで戦争協力をしてしまったことを起点とし、戦後婦人運動、70年代ウーマン・リブの出現等。他の項では、古代の母権考から、米騒動、婦人労働者等について。平塚らいてうらの人物伝も。96歳著者の書き下ろしも収録。

目次

おんなの戦後史(おんなの歴史と現代の問題点;おんなの戦後史;戦後婦人運動への衝撃;性解放は女性解放か ほか)
文庫版増補(私にとって国家とは;沖縄おんな紀行;歴史からみた部落差別;光を放つ人たち ほか)

著者等紹介

もろさわようこ[モロサワヨウコ]
1925年、長野県生まれ。女性史研究家。新聞記者、教員、編集者を経て、執筆活動に入る。主な著書に、『信濃のおんな』(毎日出版文化賞受賞)などがある。82年、自由・自立・連帯の交流施設「歴史を拓くはじめの家」(現・志縁の苑)を長野県に開き、同様の拠点を94年に沖縄県、98年に高知県に開設した。2005年、信毎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

るかを(絶狂)

0
戦争体験を経た筆者による日本女性史。「社会において男の人権が確立されていないとき女の人権が無視される」とし、女性差別と男性の無権利状態を表裏一体のものとして語る。1970年代の論考だが、人間を利益追求の道具としてのみ見なす現代資本主義への痛烈な批判となっている。今でも「国のため」「組織のため」という名目で男女双方自我が剥奪されているため、ジェンダー問題は解決されない。男を単に仮想敵攻撃するフェミニズムは無意味だ。女性ひいては男性の自律を促し、利益を産む道具としてのみ人間扱う社会にこそ問題提起すべきである。2022/01/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18963270

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。