ちくま文庫<br> あんな作家 こんな作家 どんな作家

個数:

ちくま文庫
あんな作家 こんな作家 どんな作家

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年09月26日 16時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 339p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480432025
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0195

出版社内容情報

聞き上手の著者が松本清張、吉行淳之介、田辺聖子、藤沢周平ら57人に取材した。その鮮やかな手口に思わず作家は胸の内を吐露。

内容説明

聞き上手、引き出し上手の阿川佐和子が、お歴々の作家に体当たり取材。「恋愛、趣味」など普通の質問から入ったのに、いつしか作家は胸の内を吐露するはめに。奥深く切り込んでゆく鮮やかな手並は、見え隠れする作家の素顔をすかさずキャッチ。登場作家57人。

目次

民話ジョッキー―松谷みよ子
卑弥呼に内縁の夫あり―松本清張
素子の好き嫌い―新井素子
京都ミステリアス訪問―山村美紗
男と女のプライベート・タイム―山口洋子
カラッとハードボイルド―大沢在昌
避暑地のコンペンフォイ―宮本輝
作家と豚の脂身―吉村昭
突っぱりロック―山川健一
イスパノフィロとPR―逢坂剛〔ほか〕

著者等紹介

阿川佐和子[アガワサワコ]
東京都生まれ、慶応大学文学部卒業。「情報デスクTODAY」「筑紫哲也NEWS23」を経て、1992年アメリカに遊学。帰国後「報道特集」のキャスターとなる。インタビュアー、エッセイストとしても活躍。著書に『ああ言えばこう食う』(檀ふみとの共著、講談社エッセイ賞)『ウメ子』(坪田譲治文学賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶんぶん

24
【図書館】 ちょっと前の流行作家が五十七人、それを阿川佐和子さんがインタビューして纏めたもの。 阿川節が楽しくて、なんだかんだ読み終えた。 古いのは仕方ない、インタビューの日付が1986年~1991年だ、阿川さんがテレビに出始めた頃だ。 みんな面白いが、逢坂剛と藤沢周平のインタビューが秀逸だ。 文庫化を経て2014年9月に二度目の文庫化の時にあとがきを書いている。 それが、時代を語っている、新人の初々しい感じ、やっぱりこの人は只者では無い、と感じた。和田誠が二度表紙カバーを描いている。2020/02/05

緋莢

13
猫が好きで犬は嫌い、ミミズ、へび、ゴキブリ、毛虫、だんご虫はかわいいけれど、いも虫、ナメクジは大嫌いという新井素子、「刀も槍も見るだけでゾッとするほど怖い」という白石一郎、4作目でネタが無くなり、困っている時に萩原朔太郎の詩集の中のある詩を見た瞬間に小説のイメージが広がり、約500枚を一気に書き上げたという内田康夫・・・作品への想いや私生活、そして、意外な素顔まで。阿川佐和子が57人の作家に体当たりで取材した本。2017/04/11

HiroNuma7

8
1986~1991年に、著名な作家へインタビューしたものを纏めた本です。現在、大御所となられている作家さんも若々しさを感じます。読書歴の浅い私でも知っている松本清張や山村美紗、栗本薫など既に亡くなられている方のインタビューも載っていて貴重だと思います。作家さんそれぞれの個性が、垣間見れるようで、とても興味深かったです。登場している作家さんの本が読みたくなりました。2016/05/29

なるせの

6
知らない作家さんがたくさん。五木寛之さんのインタビューで、フェミニストでない男性の裏切りものなんですよのくだりは楽しかった。2015/08/08

舟江

5
不器用な作者が、良く書いた。と、思ってページを開いたが、ただ単に会って来ました。という小学生並の内容だった。とても、作家が書いたものとは思えない代物だった。2021/08/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8289083

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。