ちくま文庫
游侠奇談

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 364p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480429063
  • NDC分類 281.04
  • Cコード C0121

出版社内容情報

飯岡助五郎、笹川繁蔵、国定忠治、清水次郎長……正史に残らない侠客達の跡を取材し、実像に迫る、游侠研究の先駆的傑作。

内容説明

政治が弱体化し、自然災害による飢饉が頻発した江戸後期に、江戸およびその近郊に並びたった侠客たち。下総の飯岡助五郎、笹川繁蔵、佐原喜三郎、上州の国定忠治、江戸の相模屋政五郎、駿河の清水次郎長、他の游侠の徒たち…「長脇差」「渡世人」とも呼ばれ、正史には残らない彼らの跡をたずね、文献を漁り、古老に取材し、その実像に迫った、游侠研究の先駆的傑作。

目次

飯岡の助五郎
笹川の繁蔵
佐原の喜三郎
国定忠治
相模屋政五郎
清水の次郎長
遊侠譚

著者等紹介

子母澤寛[シモザワカン]
1892‐1968。小説家。北海道厚田郡厚田村(現・石狩市)出身。江戸幕府の御家人で彰義隊の生き残りの祖父のもとで溺愛されて育つ。明治大学法学部在学中は弁護士志望であったが、いったん帰郷したあと再度上京、読売新聞社会部記者になり、ついで東京日日新聞の記者となった。在職中に、聞書きによる優れた考証ものを執筆。四十一歳で職を辞し、以後、幕末維新に題材をとった作品を続々と発表した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ヨーイチ

17
俠客を扱った評伝。登場するのは飯岡助五郎、笹川繁蔵、平手造酒、佐原喜三郎、清水次郎長、国定忠二、武居の吃安、黒駒勝蔵、などなど。どれ位知ってるかで年が分かる。時代で言うと天保年間。作家子母澤寛が新聞記者上がりを活かした聞き書き、発掘した資料で構成されている。執筆された昭和一桁頃長谷川伸も股旅物を発表しだしたらしい。聞き書は直接の関係者が生存していた最後の辺りで興味深い。例えば、上記親分の二代目、養子なんて人達が平気で登場する。ビックネーム清水次郎長は明治半ばまで生存していたので、続く2015/09/24

冬至楼均

1
関係者に直接取材しているので、多少の記憶違いや美化が全く無いとは言い切れないけど、講談で流布しているものに比べれば遥かに実態に近いのでしょう。2012/06/07

紫暗

1
ふと思えば時代劇等々で見たことはあっても、実際にどんなことをした人なのかを良く知らなかった清水の次郎長の生涯を知りたくて手に取りました。次郎長他、国定忠治などいわゆる渡世人と呼ばれた人達の生涯を彼らの知人がまだ存命だった頃に著者が話を聞いて取りまとめたのがこの本です。新選組関係の資料でもとても貴重な情報を残してくれている著者なだけに、今回も血の通った情報の数々を楽しませてもらいました。清水の次郎長が榎本武揚と知り合いだったなど、知らなかった事実はもちろん、渡世人の生活や掟などもよくわかって面白かったです。2012/03/09

0
清水次郎長親分目当てで読んだのだけどページ数少なかった。でも面白い。一冊の本でどなたか小説に仕立てていただけませんか、という侠客も多い。相模屋政五郎、清水次郎長、会津小鉄、新門辰五郎、会津小鉄。派手な話でなくていい。2019/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4535206

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。