ちくま文庫
幸田露伴集 怪談―文豪怪談傑作選

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 396p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480427601
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

山中の孤家でこの世ならぬ美女と邂逅する不思議を綴り、近代日本幻想文学の魁となった「対髑髏」。浦島太郎の百代目の子孫が魔道に堕ちる奇想天外なファンタジー「新浦島」。そして、和漢の古典や東洋オカルティズムに関わる深遠な博識に裏打ちされた「怪談」「魔法修行者」他のエッセイまで。鏡花と双璧をなす幻想と怪奇の巨人・露伴の神髄を、初めて一巻に凝縮した画期的アンソロジー。

著者等紹介

幸田露伴[コウダロハン]
1867‐1947。本名成行。鮮烈なデビュー作「露団々」、続く「風流仏」で注目され、代表作「五重塔」を発表。尾崎紅葉と並称される紅露時代を築く。漢籍・仏典の素養を活かした小説や随筆、考証で知られる。明治・大正・昭和と息長い創作活動を続け、晩年にも「幻談」「運命」「連環記」などの名作を遺した

東雅夫[ヒガシマサオ]
1958年神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。元「幻想文学」編集長、現「幽」編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

52
幸田露伴はやはり漢語が多く、読むのに時間がかかります。幻談と観画談は昔岩波文庫で読んだ覚えがあります。若干泉鏡花に内容的には似ていますが文体はまるっきり異なります。このような幻想的な作品をかなり書いていたのですね。私はあまり多くは読んでいないのですが、せいぜい五重塔などくらいですね。2015/03/31

藤月はな(灯れ松明の火)

29
「魔法修行者」は憑物使役者についての考察だったので大学で調べた者としては知っている知識や偉人の例などが提示されていて興味深かったです。特に鬼女の説話、伊勢物語、小栗判官の逸話や九相図などを連想させる「対髑髏」は文語体だからこそ醸し出すことのできる幻想の妖艶美に陶然とするしかありません><2013/03/30

Ribes triste

10
風太郎のエッセイに触発され、再読。博覧強記の露伴の文体は、現代文に慣れ過ぎた頭には取っ付きにくさこの上ありませんが、一度ハマると自然にするすると頭に入ってくるから不思議です。まるで講談をきくように、異世界に連れて行かれる感じが好きです。『幻談』が口述筆記であると、風太郎のエッセイにありました。それを知って、改めて読むとビックリです。2016/11/11

ハルバル

8
編者の言うように文章の細部に拘泥せずその名調子に身を任せ、おおよそのニュアンスだけでも楽しめる。「土偶木偶」は主人公の風来坊振りと意固地によって起こる道中の波乱が非常にエンタメ的で面白いし、「対髑髏」の業病ゆえの悲劇の美女との一夜の邂逅と空けての乞食女の凄まじき容貌などは漢字表記あってのものだと思う。浦島次郎百世が魔道に帰依する「新浦島」も奇想天外で実に巧み。とはいえ露伴氏、只不思議よりは虚実ないまぜが好みと見えて、段々エッセイ風小説へと傾いていき「幻談」という傑作が。それにしても半生分は漢字を読んだな。2018/04/04

あぶらや

8
読み終わるまでずいぶんと時間がかかってしまった。 理由はひとつ、つまらなかった訳ではなく文体です。 ふだん口語体でしか文書に接していないのに、文語体で漢文がちりばめられている文章は非常に骨が折れました。 でも最後まで読みきる事が出来たのは、難解な表現の中にも引き付ける話を見い出す事がたくさん有り、かつその文体ゆえの音感が心地良かった事が有ります。2015/12/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/630494

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。