樋口一葉

個数:

樋口一葉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月15日 17時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 475p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480425133
  • NDC分類 918.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ちくま日本文学013 樋口一葉

上層から下層まで、明治の女性と共に生きた閨秀作家

目次
たけくらべ
にごりえ
大つごもり
十三夜
ゆく雲
わかれ道
われから
雪の日
琴の音
闇桜
うもれ木
暁月夜
やみ夜
うつせみ
あきあわせ
すずろごと
にっ記一
塵の中
恋歌九首

【解説: 井上ひさし 】

著者等紹介

樋口一葉[ヒグチイチヨウ]
1872‐1896。東京の府庁構内長屋に生まれる。本名奈津。幼いころ草双紙を読み、和歌を学んだ。父の死後、困窮のなかに母と妹を養う。十九歳のとき半井桃水に師事して創作を始め、第一作が「闇桜」、ついで「うもれ木」によって注目をあびる。一時、下谷龍泉寺町で荒物・駄菓子屋を開いたが失敗。再び創作に専念し、「にごりえ」「十三夜」「たけくらべ」など次々に発表。二十四歳にして肺結核で死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

47
樋口一葉の文章は美しく、格調高いと思いました。声に出して読みたくなります。物語も初恋を扱うものが多く、面白かったです。2022/02/10

優希

40
再読です。格調高く美しい文章に浸るのが心地よかったです。声に出して読みたくなる文章なんですよね。初恋を扱うものが多いのもロマンです。2023/12/11

零水亭

32
泉鏡花先生の小説とは別の意味で難しく感じましたが、ゆっくり落ち着いて読むと、何ともいえない味わいがあるように感じました。何回か読み直してみます。2022/05/30

ホシ

20
むむむ…。一葉珠玉の作品を収める本書。講談を彷彿とさせる和語調の文体は正直、難儀しました。しかし、だからこそ、文明開化の激動にあって、未だその波に洗われない庶民の純朴な情緒を過不足なく記すには、これしかなかったにも思われます。イケメンなんだけど、ちょっとワルい男。いつの時代も女性はそんな男が気になるのかなぁ。『大つごもり』の石之助といい、『うもれ木』の辰雄といい、女性を惑わすのは”イケメン”が世の習い。一葉もイケメンに振り回されたのかなぁ…とは、これ下種の勘ぐりですな。2019/03/25

きょちょ

20
名作三作は既読。 他の作品を読みたくて購入。 ちょっとした恋の話を、ここまで感動させる小説に仕立て上げる「筆力」を持った作家を、彼女以外に私は知らない。 「恋」の話では、「暁月夜」が特に好み。 狂気の娘とおろおろする家人、「結」がない話だが、家や庭やちょっとした自然を描くことで見事な作品になる「うつせみ」。 彼女自身がそうだったからか、主人公の「貧困」に大いに同情してしまい結末にホッと一息つける「大つごもり」。 彼女の日記や歌も少し収録されている。 じっくり味わった作品集です。 ★★★★★2016/06/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13371
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。