ちくま文庫<br> 経済学という教養 (増補)

電子版価格 ¥825
  • 電書あり

ちくま文庫
経済学という教養 (増補)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 409p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480424624
  • NDC分類 331
  • Cコード C0133

内容説明

誰しも「経済」と無縁には生きられない。だからこそ、経済学の基本ぐらいは押さえておきたい。経済学の主流たる「新古典派」、これに対抗してきた「マルクス経済学」―。こうした経済学のエッセンスを、数学を一切用いず、分かりやすく解説。新たに書き下ろされた補章では経済成長について再論する。本書は「素人の、素人による、素人のための経済学入門」である。

目次

第1章 こういう人は、この本を読んで下さい
第2章 出発点としての「不平等化」問題
第3章 素人の、素人による、素人のための、経済学入門
第4章 日本経済論の隘路
第5章 左翼のはまった罠
第6章 市場経済と公益
第7章 マルクス経済学への最初にして最後の一歩
第8章 経済学と公共性
補章 「経済成長擁護論」再び

著者等紹介

稲葉振一郎[イナバシンイチロウ]
1963年東京都生まれ。一橋大学社会学部卒業。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。岡山大学経済学部助教授、モナシュ大学日本研究センター客員研究員等を経て、現在、明治学院大学社会学部教授(社会倫理学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。