ちくま文庫<br> 戦闘美少女の精神分析

個数:

ちくま文庫
戦闘美少女の精神分析

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2021年12月02日 14時06分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 366p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480422163
  • NDC分類 778.77
  • Cコード C0111

内容説明

ナウシカ、セーラームーン、綾波レイ…日本の漫画・アニメには「戦う少女」のイメージが溢れている。筋肉質なアマゾネス系女戦士とは全く異なり、「トラウマ」を持たない可憐で無垢な戦闘美少女。この特殊な存在は、果たして日本文化のみに見られる現象なのか。彼女たち「ファリック・ガールズ」の特性と、それを愛好する「おたく」の心理的特性を、セクシュアリティの視角から徹底的に分析する。

目次

第1章 「おたく」の精神病理
第2章 「おたく」からの手紙
第3章 海外戦闘美少女事情
第4章 ヘンリー・ダーガーの奇妙な王国
第5章 戦闘美少女の系譜
第6章 ファリック・ガールズが生成する

著者等紹介

斎藤環[サイトウタマキ]
1961年生まれ。岩手県出身。筑波大学医学部研究科博士課程修了。医学博士。現職は、爽風会佐々木病院診療部長。専門は思春期・青年期の精神病理学、病跡学、ラカンの精神分析、「ひきこもり」問題の治療・支援ならびに啓蒙活動。漫画・映画等のサブカルチャー愛好家としても知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

harass

52
この著者のヤンキー本の評論に感心しこの有名なサブカル評論を手に取る。セーラームーンなどの日本独自のアニメに登場する戦う少女についての論評。他国のアニメなどの比較や彼女らの作品歴など。2000年出版の本で取り上げられる作品がそれなりのものだがなかなか唸らせられるところ多し。精神分析の知識が無いとキツイところもある。ダーガーを取り上げてあるが、彼の絵が高価で売りに出されているというのは驚く。ファリックガール(ペニスを持つ少女*ラカン的な比喩として)とはよくいうものだと感心。2016/08/17

佐島楓

30
「エヴァ」や「セーラームーン」に代表される「戦う少女」は日本的セクシュアリティから発されている、という言わずもがなの内容(だけど、面白かったです)。90年代アニメに興味がある方におすすめです。2014/12/14

hit4papa

19
戦闘美少女をとおして、おたくとは何か、いかにして彼女たちは生成したかを精神分析的なアプローチで解説したものです。あまり語られてこなかったおたくのセクシュアリティを中心に論を展開していきます。一昔前のおたく擁護論というところでしょうか。

サイバーパンツ

18
出版された時期が古いだけに、本書に出てくる「おたく」たちや彼らに対する世間の認識には時代を感じた。とはいえ、精神分析を用いて、ヘンリーダガーとセーラムーン、戦闘美少女の歴史、ファリック・ガールズなどサブカルを論じる所からは猥雑さや不十分さを感じながらも、著者の熱量が感じられて大変面白かった。また、「おたく」のセクシュアリティに突っ込んでいるものは今でも少ないので、そういう面では貴重かと。サブカル評論の道を切り開いただけあって、なかなか熱い一冊だった。2016/06/07

中玉ケビン砂糖

17
フェミニストに叩かれる斎藤環だとか、精神分析だとか、ナウシカや綾波レイが代表するファリック・ガールだとか、正直そんなものにはあまり興味を抱かずに読んだ。この本を読んだことで得られた最大の収穫は、ヘンリー・ダーガーとアウトサイダー・アートの名を知ることができたことだった。精神分析というよりは、ヘンリー・ダーガー入門として優れている気がする。2014/10/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/516842

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。