ちくま文庫<br> 樋口一葉小説集

個数:

ちくま文庫
樋口一葉小説集

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年06月29日 21時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 414p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480421029
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

一葉の作品を味わうとともに、詳細な脚注・参考図版を多数収録することで一葉の生きた明治という時代を知ることのできる画期的な文庫版小説集。いわゆる“奇跡の十四ヶ月”時期の代表作とそこに至るまでの初期作品を主として収録。資料篇として鴎外、露伴、緑雨、高山樗牛らの一葉評も付す。

著者等紹介

樋口一葉[ヒグチイチヨウ]
1872‐1896。東京の府庁構内長屋に生まれる。本名奈津。幼いころ草双紙を読み、和歌を学んだ。十九歳のとき半井桃水に師事して創作を始め、第一作「闇桜」、ついで「うもれ木」によって注目される。下谷龍泉寺町で荒物・駄菓子屋を始めるが失敗。再び創作に専念し、「にごりえ」「十三夜」「たけくらべ」などを次々に発表。二十四歳にして肺結核で死去

菅聡子[カンサトコ]
1962年福岡県生まれ。お茶の水女子大学大学院博士課程修了。博士(人文科学)。お茶の水女子大学文教育学部助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Gotoran

51
明治に短く輝いた樋口一葉。文語体で読み辛さを感じつつも、註釈を頼りに、何とか読了。有名な『たけくらべ』『にごりえ』他10篇を収録。いずれも、封建社会が色濃く残る明治に社会の底辺で苦しく貧しく、それでも一生懸命に生きる女性の苦悩が描かれる。運命に翻弄される女性達の哀しい物語。例えば『大つごもり』のお峰・・『うつせみ』の雪子・・『にごりえ』の(遊郭で働く娼妓)お力・・『わかれ道』のお京・・『たけくらべ』の美登利、『われから』の美尾・・。・・資料編(鴎外、露伴、斎藤緑雨、樗牛らの一葉評)も一読の価値あり。2015/06/04

井月 奎(いづき けい)

32
「わかれ道」を再読しました。天涯孤独の吉三は、姉のように慕うお京と引き離されます。その別離に吉三は、お京にねだって口にした餅の甘さすらつらく思い出すことになるのでしょう。彼の乱暴狼藉は自らへの打擲でしょうが、お京がそれを甘えへと変えました。痛みはまるで頭を撫でられているかのような心地になったのです。わかれ道とは、吉三のお京との別離のことではなく、彼がもう少し後に、お京の悲しみを知ったときにそれを胸に秘めることのできる大人へと向かうのか、甘い憐憫を抱くしかない子供でいるのかの「わかれ道」だと思うのです。2016/04/29

松本直哉

19
大晦日までの納品を終え、支払うべきものを支払い、末日締の請求書を書いて、ああこれで今年もなんとか年が越せる(イマココ)と毎年思いながらいつの間にか18年の吹けば飛ぶような零細自営業者の私にとっては身につまされる「大つごもり」だった。セリフのカギカッコがなくて地の文との区別がつかないのが新鮮というか前衛的に感じた。 2016/12/31

ペミカン

8
「たけくらべ」を再読したくて図書館へ。文体とは意外に慣れるもの。二度目の美登利は面影もくっきりとして、雨の日の真如を見つめる心の切なさが胸の奥に染みこんだ。 「大つごもり」、「十三夜」、「にごりえ」、、どんなに時代が変わっても、孤独に耐ええぬ人間の、血と性という枷に縛られるやるせなさは変わらない。2020/11/02

moyin

3
一葉さんの中国語翻訳をするために購入。意外と役に立つ一冊。2020/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/500894

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。