ちくま学芸文庫<br> 新 物理の散歩道〈第3集〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
新 物理の散歩道〈第3集〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月28日 11時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 244p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480092335
  • NDC分類 420.4
  • Cコード C0142

出版社内容情報

内容は後日登録

内容説明

熱したアイロンを布地に当てれば、熱さは裏側に伝わる。もし服地に霧を吹けば温度はより下がり、肩など丸みのある箇所も裏から手で直接支えられるのでは?ロゲルギスト少年のその推論は大きくはずれた。あやうく参事になりかねない出来事を通し、高熱水蒸気の威力をまさに肌で学習した「しみ抜きとアイロンかけ」。ほかに、魚が銀色に輝く仕組み、コマが首振りから起ちあがり直立する過程の力学、サーフィンの話題から消波・発電のアイデアなどなど。実験をまじえながら常識的な予想を小気味よく履していく。楽しみながら議論が深まっていく科学エッセイ。

目次

眼の中にただようゴミ
大根おろし
松を伐る
しみ抜きとアイロンかけ
水面に立つ奇妙な波
波のりの力学
魚はなぜ銀色か
モーターはなぜまわる
結晶の形はどうしてきまるか
二重生活
コマはなぜ起き上がる

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

47
目の中の「ゴミ」については、子どものころから気がついていたが、その正体を明らかにしてくれたのが本書。「ゴミ」の場所まで指摘してくれたので、暗雲が晴れた思いがした。「松を伐る」で、本体より高い場所に滑車の支点をつくる方法には、思わず手を打ちたくなった。これぞ伝統の技だ。フレミングの法則は便利だが、実は右ねじの法則のみで十分だというのには参った。2018/12/13

壱萬弐仟縁冊

27
1978年初出。理想的な しみ抜き(・点) は、しみを溶かした溶剤を布に垂直に吸い取ってしまい、布に沿って四方に散らさないようにすること(082頁)。米沢富美子先生によると、慶應義塾の物理学会の教授会でカニ料理を食べながら行われたことだという(235頁)。コマ回転構造図(188頁~)も示されている興味深い1冊。2016/06/02

ゆいまーる

11
フレミングの左手の法則は、「電磁力なんて言ったって中指が電流だと覚えていなきゃ意味ない」と思ってました。ロゲルギストの先生が同じことを語っていて、ちょっと嬉しかった。2012/04/25

nur1202

3
そもそも、学者さんってのは目の付け所が違うなぁという感じが強いですね。 特におろし金の研究なんて、素人には思いつかないんじゃないかと思いました。 サーフィンでなぜ波を滑り降り続けられるのかという話もおもしろかったです。 巻末の独楽がなぜ立ち上がるかという話は、ちょっと難しくて付いていけませんでしたが。(^^; 2011/06/06

tohmek

3
「眼の中にただようゴミ」「大根おろし」が特に面白かった。図書館で何気なく手にとったものが新年早々ヒット。2010/01/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/373845

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。