ちくま学芸文庫<br> 自己・あいだ・時間―現象学的精神病理学

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
自己・あいだ・時間―現象学的精神病理学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年11月01日 08時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 472p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480089694
  • NDC分類 493.71
  • Cコード C0110

内容説明

精神の病態を一時的な疾患としてではなく人生全体の示す歴史的な歩みとして位置づけ、独自の思想を重ねてきた著者の代表的論考のかずかず。自己と他者の「あいだ」の病態として捉えられてきた分裂病を、「時間」の病態として、現象学的な思索を展開する。とりわけ鬱病者の“あとのまつり”的体制に対し、分裂病者が“前夜祭”的な時間体制をもつという新しい構図は世界的に大きな波紋を広げた。他者や世界との「あいだ」、自己自身との「あいだ」の歴史性における患者の生のあり方を追究した本書は、精神病理学と哲学を自由に横断する独創的な学問的達成であるといえよう。

目次

1 鬱病と罪責体験
2 躁鬱病の病前性格と発病状況
3 いわゆる「鬱病性自閉」をめぐって
4 離人症の精神病理
5 分裂病の時間論―非分裂病性妄想病との対比において
6 時間と自己・差異と同一性―分裂病論の基礎づけのために
7 精神医学と現象学
8 自己・あいだ・分裂病
9 分裂病の診断をめぐって
10 内因性精神病の人間学的理解―「内因性」の概念をめぐって
11 比較文化精神医学序説―若干の基本概念の検討

著者等紹介

木村敏[キムラビン]
1931年、旧朝鮮生まれ。1955年、京都大学医学部卒業。京都大学名誉教授、河合文化教育研究所主任研究員。専攻、精神病理学。1981年に第3回シーボルト賞、1985年に第1回エグネール賞、2003年に第15回和辻哲郎文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件