• ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
私は、経済学をどう読んできたか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 554p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480087898
  • NDC分類 331.2

内容説明

経済思想の興隆と転換に興味を持つ読者を、偉大な経済学者自身の著作そのものへと案内する名著。『聖書』に始まり、商業革命・古典派経済学・限界効用学派などの変遷を辿って、ケネー、アダム・スミス、カール・マルクス、マーシャルからケインズ、シュンペーターに至るまで、経済思想の系譜を主題に、自らが意図した「壮大な説話」を紡ぎ出した物語学説史といえる。熟達した歴史的洞察と明晰な思索により、経済学に何を期待すべきかについて、ときにユーモアを、ときに辛辣な皮肉を交えた原典への寸評を通して語る。

目次

1 創世紀の経済思想
2 商業革命
3 古典派経済学
4 カール・マルクス
5 限界効用学派
6 二十世紀の経済学者たち

著者紹介

ハイルブローナー,ロバート・L.[ハイルブローナー,ロバートL.][Heilbroner,Robert L.]
1919年生まれ。ハーバード大学卒業。現在、New School for Social Research教授

中村達也[ナカムラタツヤ]
1914年生まれ。中央大学商学部教授

阿部司[アベツカサ]
1951年生まれ。翻訳家