• ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
江戸巷談藤岡屋ばなし〈続集〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 437p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480087768
  • NDC分類 210.58

内容説明

時は幕末、外神田のお成道に、筵いっぱいに古本を並べて商う一人の老爺があった。この男、“お記録本屋”藤岡屋由蔵、日がな一日、素麺箱を机に黄半紙に禿筆でなにごとかを書き付け、吹きつける砂塵のなかで悠然として筆を休めることがない。―この集積が『藤岡屋日記』である。小説をはじめさまざまな著作の種本ともなった珍談・奇談の宝庫であり、世相・風俗・政治情報の貴重な記録だが、浩瀚すぎて、また雑多すぎて、敷居が高い。そこで、おもしろい話を選りすぐったのがこの『江戸巷談藤岡屋ばなし』、続集は天保の浮世噺を中心に編集。世相の鏡、小説より奇な『藤岡屋日記』の世界へようこそ。

目次

今様流行御物語
窮余の策大坂加番志願
八丈島の流人大名
金に溺れて
あたら若木の花を
触らぬ神のたとえ
頂く物を頂けばドロン
強悪飯屋の死
盗人の七つ道具
古金三千両〔ほか〕

著者紹介

鈴木棠三[スズキトウゾウ]
1911年、静岡県に生まれる。国学院大学国文科および研究科修了。国文学・民俗学・口承文芸専攻。元・白梅学園短期大学教授。1992年没