• ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
奇妙な廃墟―フランスにおける反近代主義の系譜とコラボラトゥール

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 551,/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480087065
  • NDC分類 950.2

内容説明

祖国を売り、ナチズムに加担する文学を作ってきたことでフランス文学史上、数々の伝説や悪名で彩られてきたコラボラトゥールの作家たち。しかしヒューマニズムに抗して闘ったその思想はパウンド、ブランショなど20世紀の知性に大きな影響を与えた。19世紀の反近代主義者の思想や手法から始まり、中心的な運動を担ったドリュ・ラ・ロッシェル、ブラジヤック、ルバテら、戦後における継承者ニミエにいたるまで、統一した視点からファシズムと文学・思想を検証し、近代フランスの歴史観に挑戦する渾身の処女作。

目次

序 ヒューマニズム批判の禁忌
第1章 アルチュール・ド・ゴビノー―高貴なる星座
第2章 モーリス・バレス―フランス・ナショナリズム、または幕間の大活劇
第3章 シャルル・モーラス―反近代の極北
第4章 ピエール・ドリュ・ラ・ロシェル―放蕩としてのファシズム
第5章 ロベール・ブラジヤック―粛清された詩人
第6章 リュシアン・ルバテ―魂の復活のためのホロコースト
第7章 ロジェ・ニミエ―生きながら戦後に葬られ

著者紹介

福田和也[フクダカズヤ]
1960年、東京生まれ。慶応義塾大学大学院修士課程修了。現在、慶応義塾大学環境情報学部助教授。評論家。著書に『地ひらく―石原莞爾と昭和の夢』『空白の終焉へ』『作家の値うち』『悪の恋愛術』『ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法』などがある。『日本の家郷』で三島由紀夫文学賞、『甘美な人生』で平林たい子賞を受賞