• ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
ガリレオの弁明

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 214p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480086853
  • NDC分類 132.5

内容説明

カンパネッラは、テレジオ、ブルーノらと並ぶ後期ルネサンスの代表的思想家。監禁・幽閉30年に及んだその生涯はまさに波瀾万丈、巨大な百科全書の観を呈するその思想もまた複雑で究めがたい。生気論は機械論と、占星術は天文学と、中世的自然学は近代的物理学といかに調和しうるか。『太陽の都』以外に知られるところの少ない急進的万能人の知的背景と世界観を窺ううえで、さらには「科学革命」の現場からの証言として、本書は逸することのできない一級のドキュメントである。長文解説併載、改訳決定版。

目次

第1章 反ガリレオ説
第2章 親ガリレオ説
第3章 第四、第五章の回答へと導く三つの前提条件
第4章 第一章で提示した反ガリレオ説への回答
第5章 第二章の親ガリレオ説で提示された論題をいかに大切に扱うか

著者紹介

カンパネッラ,トンマーゾ[カンパネッラ,トンマーゾ][Campanella,Tommaso]
1568‐1639年。イタリアの哲学者、ドミニコ会士。俗名ジョヴァン・ドメニコ。南イタリア、カラーブリア地方の出身。急進的な思想と政治活動のゆえに、投獄・追放・禁書処分に遭うこと数次に及び、フランスで客死

沢井繁男[サワイシゲオ]
1954年、札幌市生まれ。ルネサンス文化研究家、作家。東京外国語大学卒業、京都大学大学院博士課程修了