• ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
国家と革命

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 274p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480086570
  • NDC分類 309.3

内容説明

本書は、第一次世界大戦という“帝国主義戦争”のただ中に執り始めた国家論ノートをもとに、10月革命直前の地下潜伏期間に書き上げられた。国家を「階級間の抜きがたい対立の産物」で、「抑圧された階級を搾取する道具」ととらえるレーニンの主張は、マルクス=エンゲルス以上に国家の階級性を強調したものであった。「社会の実験の時代」を体現した本書は、その欠点をも含め、いま一度読み返されるべきであろう。マルクス主義古典の新訳。

目次

第1章 階級社会と国家
第2章 国家と革命 一八四八‐一八五一年の経験
第3章 国家と革命 パリ・コミューン(一八七一年)の経験 マルクスの分析
第4章 続き エンゲルスの補足的注釈
第5章 国家死滅の経済上の原理
第6章 日和見主義者によるマルクス主義の卑俗化

著者紹介

レーニン,ヴラジーミル・イリイッチ[レーニン,ヴラジーミルイリイッチ][Lenin,Vladimir Il’ich]
1870年、ボルガ川中流のシンビルスク生まれ。ロシアの10月革命(1917)を指揮して、ソ連社会主義体制を創設した。1924年死去。死後、遺骸は永久保存措置をされ、赤の広場に安置・公開されている

角田安正[ツノダヤスマサ]
1958年、山口市生まれ。1983年、東京外国語大学大学院地域研究所研究科修士課程修了。1994‐96年、在ロシア日本国大使館専門調査員。現在、防衛大学校助教授