• ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
原典訳 マハーバーラタ〈7〉第7巻

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 681p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480086075
  • NDC分類 929.881

内容説明

ドゥルヨーダナは、ドローナを軍司令官にした。ドローナの指示により、特攻隊がアルジュナを攻撃して、戦列から引き離した。アルジュナがいないので、その息子のアビマニユが敵陣を破って勇敢に戦ったが、クル軍の勇士たちに取り囲まれ、ジャヤドラタに殺される。アルジュナは息子の復讐をしようと、敵陣深く攻め込み、シャヤドラタの首をはねた。クリシュナは、カルナがインドラから得た必殺の槍をアルジュナと戦う前に使わせてしまおうと企て、ガトーカチャに挑戦させる。「アシュヴァッターマンが殺された」との奇計により、息子の死を信じ、意気消沈したドローナはドリシタデュムナに殺される。

目次

第7巻 ドローナの巻(ドローナ・パルヴァン)(ドローナの軍司令官就任(第一章‐第十五章)
特攻隊の殺戮(第十六章‐第三十一章)
アビマニユの死(第三十二章‐第五十一章)
誓約(第五十二章‐第六十章)
ジャヤドラタの死(第六十一章‐第百二十一章)
ガトートカチャの死(第百二十二章‐第百五十四章)
ドローナの死(第百五十五章‐第百六十五章)
ナーラーヤナの武器の発射(第百六十六章‐第百七十三章))

著者紹介

上村勝彦[カミムラカツヒコ]
1944年、東京浅草に生まれる。1967年、東京大学文学部卒業。1970年、同大学院人文科学研究科(印度哲学)修士課程修了。サンスクリット詩学専攻。東京大学東洋文化研究所教授。2003年、逝去