• ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
原典訳 マハーバーラタ〈6〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 438p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480086068
  • NDC分類 929.881

内容説明

サンジャヤは、ジャンブー大陸(閻浮提)における創造を述べる。そして、非常に残酷で恐ろしい戦闘が行なわれる。ビーシュマの活躍により、ユディシティラの軍は非常に悲惨な状態に陥る。偉大な叡知を有するクリシュナは、迷妄により生じたアルジュナの戦意喪失を、条理を尽くして除去する。苦楽、得失などのあらゆる相対的なことを離れ、すべてを平等に見れば、我々はもはや行為の結果に束縛されることがない、と説く。それが『バガヴァッド・ギーター』の教えである。偉大な弓取りアルジュナは、前に女性であったシカンディンを先頭に立てて、鋭い矢で射て、ビーシュマを戦車から落とす。

目次

第6巻 ビーシュマの巻(ビーシュマ・パルヴァン)(ジャンブー大陸の創造(第一章‐第十一章)
地上界〔諸大陸の詳説〕(第十二章‐第十三章)
バガヴァッド・ギーター(第十四章‐第四十章)
ビーシュマ殺害(第四十一章‐第百十七章))

著者紹介

上村勝彦[カミムラカツヒコ]
1944年、東京浅草に生まれる。1967年、東京大学文学部卒業。1970年、同大学院人文科学研究科(印度哲学)修士課程修了。サンスクリット詩学専攻。現在、東京大学東洋文化研究所教授