ちくま学芸文庫<br> 美術の解剖学講義

  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
美術の解剖学講義

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 259p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480085993
  • NDC分類 704

内容説明

マネやベラスケス、レンブラントらの作品を名画たらしめている意外な事実、美術における「真と偽」あるいは「よし悪し」、愛ある写真を撮るための「アーネスト・サトウの写真術」、そして21世紀の美術のゆくえとは…美術を面白味のないものとお考えのあなたのために、古今東西の名作に自分自身を侵入させる作品を発表しつづける著者がわかりやすくレクチャー。美術を通してあなたの生き方はもっと変わるはず。退屈・難解な芸術とはサヨナラです。

目次

一時間目 人生論
二時間目 写真論
三時間目 大発見論
四時間目 真贋論
五時間目 セルフポートレイト論
六時間目 女優論

著者紹介

森村泰昌[モリムラヤスマサ]
1951年、大阪生まれ。美術家。1985年、自らゴッホになった作品で美術界に登場以降、名画や映画女優に扮するセルフポートレイトを次々に発表。その作品は、日本のみならず欧米でも高い評価を得ている。著書に『芸術家Mのできるまで』『踏みはずす美術史』『空想主義的芸術家宣言』『着せかえ人間第1号』など