ちくま学芸文庫<br> 東京風俗志〈下〉

  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
東京風俗志〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 314p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480085849
  • NDC分類 382.136

内容説明

明治30年、東京。日清・日露両戦争の狭間にあって、社会の大枠がようやく定まりかけたこの頃、東京の暮らしもまた大きな変遷を遂げていた。江戸の面影を残す街並み・習慣と、新しく定着しつつある洋風の事物があいまって、独特の風俗をかたちづくっていた当時の東京のありようを、体系立てて克明に描いた、貴重な記録。下巻は、髪型・服装、飲食、婚姻・出産・葬祭、歌舞音楽、演劇・相撲・寄席、趣味、子どもの遊び、四季の遊賞など。松本洗耳の精緻な挿絵を全点収録。

目次

中の巻(承前)(容儀服飾;飲食及び料理店)
下の巻(婚姻、出産、葬祭;歌舞音楽及び諸興行物;遊嬉賞翫)

著者紹介

平出鏗二郎[ヒラデコウジロウ]
明治2(1869)~44(1911)年。名古屋生まれ。愛知県立医学校卒業、24年、帝国大学文科大学国文学科に撰科生として入学。27年、文部省図書課に入り、教科書の検定審査を担当するかたわら、文科大学史料編纂助員となる。33年編纂員および小学校修身教科書の起草委員となり、ついで文部編修官に転じた。晩年は脳神経を病み、4年間の病床生活の後、44年に没した。著書に「日本風俗史」「室町時代小説集」「敵討」「近古小説解題」等がある