• ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
現代名文案内―文章ギャラリー40作品

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 263p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480085498
  • NDC分類 910.26

内容説明

文は人なりと言う。思考も空想も、表現にはいつも書き手の物の見方がにじみ出る。言葉の用いかたに、表現の対象の選びかたに、それぞれの人柄が映じる。戦後の文学作品からすぐれた文章を取り上げ、その魅力を論じ、作家の表現の想像力にせまってみよう。志賀直哉・谷崎潤一郎ら伝統の香り立つ文章から、村上春樹・柳美里ら若い感受性の息づく文章、寺田寅彦・沢村貞子ら生きる知恵が光る作品まで…、自在に渉猟し、選び抜かれたこの一文で日本語の美しさを読み、味わい、考える。

目次

1 ものの存在を問う(吉行淳之介―市街電車は石膏色の昆虫だった・『鳥獣虫魚』;阿川弘之―海は、眠った町を守りするように・『夜の波音』 ほか)
2 人生の陰翳を映す(藤沢周平―胸の中にほんの少し不逞な気分が・『おぼろ月』;松本清張―ああ、今、でんびんやさんが帰る・『或る「小倉日記」伝』 ほか)
3 心のひだを照らす(大岡昇平―私が殺人者となったのは偶然である・『野火』;福永武彦―忘れられた夢のように白い雪片が舞い・『風花』 ほか)
4 伝統がかおりたつ(志賀直哉―他の蜂が皆巣へ入って仕舞った日暮・『城の崎にて』;谷崎潤一郎―夕空にひろがっている紅の雲を仰ぎ見ると・『細雪』 ほか)
5 才気がほとばしる(横光利一―此の花は馬車に乗って、春を撒き撒き・『春は馬車に乗って』;川端康成―日本の山河を魂として君の後を生きてゆく・『横光利一』(弔辞) そうして、ふと信吾に山の音が聞えた・『山の音』 ほか)
6 生きる知恵が光る(寺田寅彦―頭が悪いおかげで大胆な実験を・『科学者とあたま』;中谷宇吉郎―春さえ立つのだから卵ぐらい立っても・『立春の卵』 ほか)