ちくま学芸文庫<br> 反科学論―ひとつの知識・ひとつの学問をめざして

  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
反科学論―ひとつの知識・ひとつの学問をめざして

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 425,/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480084491
  • NDC分類 404

内容説明

科学は誰のためにあるのか?科学は絶対的に善なのか、悪なのか?相対的に善なのか、悪なのか?1960年代後半、全国に拡がった学園闘争の中で突きつけられたこれらの問いに、オーストラリアの地から答えた、一生物学者の思想と思索。日本でも分子生物学が成熟期に入りつつあった時期に発せられた自問・他問への回答は、その後の科学をめぐる思想・政治・文化の状況をみごとに予言する。

目次

1 序章
2 専門家とその勢力の拡大
3 科学の再評価
4 科学と社会
5 実践への展望
6 解放へ