ちくま学芸文庫<br> 文学と悪

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
文学と悪

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年12月04日 10時59分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 345p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480084156
  • NDC分類 954

内容説明

わたしたちは世界史がつい先程まで「善」の通俗化としての残忍な悪と「悪」の通俗化としての残忍な善にとりかこまれていたのだということを忘れるべきではない(解説より)。―文学にとって至高のものとは、悪の極限を掘りあてようとすることではないのか…。エミリ・ブロンテ、ボードレール、ミシュレ、ウィリアム・ブレイク、サド、プルースト、カフカ、ジュネという8人の作家を論じる。

目次

エミリ・ブロンテ
ボードレール
ミシュレ
ウィリアム・ブレイク
サド
プルースト
カフカ
ジュネ

著者紹介

バタイユ,ジョルジュ[バタイユ,ジョルジュ][Bataille,Georges]
1897年、フランス、ビヨン生まれ。1935年極左知識人を結集してコントル=アタックを結成。1936年、カイヨワ、レリスと社会学研究会を創設。1946年、「クリティク」を創刊。1962年没

山本功[ヤマモトイサオ]
1927年大阪生まれ。東京大学仏文科卒業。元学習院大学教授。1974年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)