ちくま学芸文庫<br> ローマ帝国衰亡史〈8〉マホメットとサラセン帝国

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
ローマ帝国衰亡史〈8〉マホメットとサラセン帝国

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月17日 11時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 文庫判/ページ数 412p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480082688
  • NDC分類 232.8
  • Cコード C0122

内容説明

ヨーロッパ古代世界に最大の版図をもち、多年隆盛を誇ったローマ帝国はなぜ滅びたのか。この「消えることのない、永遠の問い」に対する不朽の解答―18世紀イギリスの歴史家E・ギボンの名筆になる大歴史書の完訳。アラビア半島の一隅に鳴りをひそめていたアラブ人勢力が予言者マホメットの奉じるイスラム教の下に興起し、東西ヨーロッパ各地に侵入を開始する。激動の時代とその状況を描ききる話題の一巻。

目次

第50章(アラビアとその住民の概況;マホメットの生誕、性格、教義 ほか)
第51章(アラブ別名サラセン人によるペルシア、シリア、エジプト、アフリカ、スペインの征服 ほか)
第52章(アラブ軍による二度のコンスタンティノポリス攻囲 ほか)
第53章(十世紀の東帝国の状況 ほか)
第54章(パウロ派の起原と教義;歴代ギリシア皇帝の彼らへの迫害 ほか)
第55章(ブルガリア人;ハンガリー人の出自、移動と定住 ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件