ちくま学芸文庫<br> ローマ帝国衰亡史〈2〉第11‐16章 ディオクレティアヌスとキリスト教の展開

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
ローマ帝国衰亡史〈2〉第11‐16章 ディオクレティアヌスとキリスト教の展開

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月08日 23時37分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 文庫判/ページ数 476,/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480082626
  • NDC分類 232.8

内容説明

ヨーロッパ古代世界に最大の版図をもち、多年隆盛を誇ったローマ帝国はなぜ滅びたのか?この「消えることのない、永遠の問い」に対する不朽の解答―18世紀イギリスの歴史家E・ギボンの名筆になる大歴史書の完訳。帝国の勢威も次第に衰え、広大な版図の各地に戦乱が相次いだ。それを押さえるべく、次々と軍人皇帝が登位する。クラウディウス、アウレリアヌス、ディオクレティアヌス、コンスタンティウスの時代。そして、本巻で最も圧倒的印象を与える、新しい宗教キリスト教の台頭を叙述する。

目次

クラウディウス帝の治世
ゴート人の敗北
アウレリアヌス帝の戦勝、凱旋、そして死
アウレリアヌス帝死後における軍および元老院の動向
タキトゥス帝、プロブス帝、およびカルス帝父子たちの治世
ディオクレティアヌス帝、およびその三僚帝マクシミアヌス、ガレリウス、コンスタンティウスの治世
秩序と平和の全面的回復
ペルシア戦争とその勝利、および凱旋
新体制による統治
ディオクレティアヌス、マクシミアヌス両帝の退位、そして隠退
ディオクレティアヌス帝退位後の紛争
コンスタンティウス帝の死
コンスタンティヌス帝およびマクセンティウス帝の登位
六皇帝の同時在位
マクシミアヌス、ガレリウス両帝の死
コンスタンティヌス帝、マクセンティウス、リキニウス両帝を相次いで打倒
コンスタンティヌス帝による帝国統一
キリスト教の発展、原始キリスト教の思想、風習、数、およびその状況
ネロ帝期からコンスタンティヌス帝期まで、ローマ帝国政府の対キリスト教政策

著者紹介

ギボン,エドワード[ギボン,エドワード][Gibbon,Edward]
1737‐94年。イギリス・ロンドン郊外サリー州パトニーの郷紳の一子として生まれる。1752年オクスフォード大学モードリン・カレッジに入学するもカトリックに改宗して翌年退学、スイスのローザンヌに赴く。58年帰国。63‐65年にかけて大陸旅行。73年より『ローマ帝国衰亡史』執筆に着手。74年下院議員

中野好夫[ナカノヨシオ]
1908‐85年。愛媛県に生まれる。東京大学文学部英文科卒業。東京大学教授を経て、英文学の翻訳および評論、文筆に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件