ちくま学芸文庫<br> プリズメン―文化批判と社会

  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
プリズメン―文化批判と社会

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 511p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480082473
  • NDC分類 304

内容説明

プリズメン(さまざまなプリズム)とは、未来からの微弱な光を感じとる鋭敏な精神の探査器を暗示するのか。エッセイという形式を武器に、現実の核心に迫る独自の哲学的思索を展開したアドルノの最初の自撰論集。「アウシュヴィッツ以後、詩を書くことは野蛮である」という命題を含む「文化批判と社会」に始まり、シェーンベルク、ベンヤミン、カフカへと深まる12のエッセイは、文化的しつらえによる権力の大衆威嚇、それに対する知識人の石のような沈黙のもと、果てしなく進行する「絶対的物象化」の時代の文化現象を鋭く追求する。本邦初訳の「オルダス・ハックスリーとユートピア」「ゲオルゲとホーフマンスタール」を加え、完全新訳で贈る。

目次

1 文化批判と社会
2 知識社会学の意識
3 「没落」後のシュペングラー
4 ヴェブレンの文化攻撃
5 オルダス・ハックスリーとユートピア
6 時間のない流行
7 バッハをその愛好者たちから守る
8 アルノルト・シェーンベルク一八七四‐一九五一年
9 ヴァレリー プルースト 美術館
10 ゲオルゲとホーフマンスタール
11 ベンヤミンの特徴を描く
12 カフカおぼえ書き